本当におすすめのiPhone7ケースを素材や形状別にご紹介

おすすめのiPhone7ケース

iPhone7ケースの素材はレザー製やクリアケースなど様々。形状も手帳型やバンパー型などあり、機能性も耐衝撃性や防水性を備えるなど多種多様。そんな中から良いデザインのケースを見つけるお手伝いするため、人気モデルをご紹介し、ケースの選び方まで徹底解説します。

はじめに

デザイン性やスペックの高さを考慮し、また信頼性の低い模造ブランドなどをできるだけ排除して本当におすすめしたいiPhone7ケースをセレクトした。

重視したいポイントごとにケースを紹介し、最後にケースの選び方についても解説しているので参考にしてほしい。

デザイン性重視で選ぶ

男女兼用のおしゃれなブランド

UUnique London

UUnique London
Black Horizon Hard Shell
for iPhone7
出典:www.amazon.co.jp

UUnique Londonはロンドン発のモバイルアクセサリーブランド。

ロンドン、パリ、ミランにデザインスタジオをもち、常に最先端のトレンドに触れている彼らの創出するプロダクトの魅力は言葉では表現できない。

ここで紹介するケースもその1つ。美しい木目にアルミインレイ、ラバーエッジ、フォルム、どの点も素晴らしい。

男女兼用のデザインで、プレゼントでも喜ばれるだろう。

RAKUNI

RAKUNI
ラクニ
墨―BOKU―
牛本革ケース
出典:www.amazon.co.jp

RAKUNIはダンボーのモバイルバッテリーで有名なcheero(チーロ)の姉妹ブランド。

本作はそのRAKUNIとmodaManiaのコラボレートケース。

革の質感はあらゆる大人のファッションにマッチし、カジュアルなフォルムはモードテイストのモノトーンファッションをもカバーする。

カードポケットや隠しポケット、ストラップなど機能性も高い。

男女問わず、どの年代の方にもおすすめしたい。

なおモーダマニアとのコラボでない通常製品はPUレザー製でリーズナブルなので、そちらも強く勧めたい。

AndMesh iPhone7ケース

AndMesh
アンドメッシュ
iPhone7ケース
限定USAモデル
出典:www.amazon.co.jp

全工程を国内で完結する「純日本製」のケース。タフネスウォッチにも使われる新素材エラストマーの日本製を採用。

非常にシンプルなデザインと、鮮やかなカラーが魅力的で、そのカラーも素材の色であるため剥げ落ちることはない。

長く使い続けられるように、日本技術者のものづくりへの想いが詰まった逸品。

高品質でも安い価格を維持する企業努力も素晴らしい。

海外からの評価も非常に高く、AndMeshブランドの製品はどれもおすすめだ。

おしゃれなメンズ向けブランド

MUJJO

MUJJO
ムジョ
Leather Wallet Sleeve
タンレザー
出典:www.amazon.co.jp

MUJJOは、シンプリシティを追究するオランダのブランド。タッチ対応手袋が有名。

このレザースリーブ型のおしゃれなiPhone7ケースは2〜3枚のカードが入る広めのポケットが1つだけという簡素なつくり。

一般的なケースの収納ポケット数の多さに疑問を感じ、嫌い、取り払った、まさにシンプリストのためのデザインとなっている。

スリーブタイプなのでサイズがほぼ同じiPhone6/6s/7が入る。

同じくリリースされているケース型の「Leather Wallet Case(商品リンク)」も大変魅力的なのでチェックして欲しい。

おしゃれな女子向けブランド

SLG Design

SLG Design
SLGデザイン
Calf Skin Metal Case
Black
出典:www.amazon.co.jp

SLG Designは、ミニマリズムをコンセプトに掲げSLG(スモールレザーグッズ)を中心としたスマートデバイスのためのアクセサリーを展開するブランド。

このケースは、落ち着いたブラックカーフスキンに映えるゴールドメタルがエレガントなデザイン。

クールな手元を演出し、大人の女性にぴったりだ。

kate spade NEW YORK

kate spade NEW YORK
ケイト・スペード
Leather Wrap Folio
黒×ベージュ
出典:www.amazon.co.jp

斬新かつハイクオリティなデザインや作り込みで有名になったニューヨーク発の人気バッグブランドkate spadeのiPhoneケース。

彼女たちの創り出すケースは、どれも個性的でバリエーションも多く、大人可愛い魅力的なデザインだ。

クリエイティブでライフスタイルの女子におすすめ。

個性的なケース

Shibaful Central Park

Shibaful
シバフル
Central Park
出典:www.amazon.co.jp

「手のひらに公園を」

世界初の芝生のスマホケース。パイルを直接植毛した丁寧な仕上がり。

各地の公演にインスパイアされた製品が展開されており、本モデルはNYC・CentralParkをイメージしている。

この他にサッカーコートの絵柄があるものなど、個性的なiPhoneケースを展開しているのでチェックしてみてほしい。

機能性重視で選ぶ

デキる人のための手帳型ケース

apeiros SYSTEM

apeiros
アピロス
システム手帳型ケース
国内ハンドメイド/マルチサイズ
出典:www.amazon.co.jp

オプションアイテムによって本当のシステム手帳の様に自在にカスタマイズできるユニークなケース。

1枚レザーの切り出しで、トラベラーズノートを想起させるデザイン。

デコレーションをしたり自分らしいケースにアレンジする楽しみ方もできるだろう。

オプションはメモパッドコインケースカードポケットの3種類が用意されている。カラーは全5色。

ぜひ下の参考動画を見てその魅力を知ってほしい。iPhone6/6s版はカメラホールがあるのだがマルチサイズ版は無いので注意。

▼ 参考動画

Moleskine iPhone7 Cover

Moleskine
モレスキン
iPhone7 Cover
モレスキン型カバー
出典:www.amazon.co.jp

愛好家にはたまらない、モレスキンの手帳型iPhone7ケース。モレスキンらしいゴムバンドの姿が心をくすぐる。

iPhone5までのモレスキンケースとは異なり、背面にカードポケットを備えており、iPhone6用からポケットも1つ増えて2枚分のカードポケットをもつ。

XSサイズのヴォランジャーナル(プレーン)ノートが付属するとてもお得なケースだ。

iPhone7Plus向けも展開されている。

便利なカード入れ付きケース

DESIGN SKIN
デザインスキン
SLIDER
出典:www.amazon.co.jp

韓国のブランドDESIGN SKINのスライダーは2枚分のシークレットカードスロットが搭載された、ミニマルなデザインのケース。

クレジットカードを入れて財布を取り出したくない方にはとても便利なカード入れ付きiPhoneカバーとなる。

アウトドアやお風呂で活躍、防水ケース

LIFEPROOF nüüd for iPhone7

LIFEPROOF
ライフプルーフ
nüüd for iPhone7
防塵防水耐衝撃ケース
出典:www.amazon.co.jp

防水ケースで全米No.1セールスを誇る米国ブランドLIFEPROOFの最高のiPhone7用防水ケース

スタイリッシュなデザインからは想像できないIP68という高い防塵、防水、防雪性能を誇る。

また、厳しい米軍軍事規格「MIL STD 810F-516」をクリアし落下に対しても高い耐衝撃性能を有している。

堅牢な性能でありながらも、スタイリッシュで軽量なデザインで普段使いでも邪魔にならない点が素晴らしい。

そして本ケースの最大のメリットはnüüdの名前からも連想できるように、ディスプレイ部分をフィルム等で覆っていない点だ。そのため通常と変わらない快適なタッチ操作が可能となっている。

またイヤホンジャックやLightningコネクタといった端子カバーもそれぞれ独立しており、使い勝手がよい。

海やプール、工事現場などあらゆるハザード環境で使える秀逸な製品だ。

オプション:LifeJacket for iPhone6

LIFEPROOF
ライフプルーフ
LifeJacket for iPhone 6s/6
浮き輪ケース
出典:www.amazon.co.jp

ユニークなiPhone用のライフジャケット。LIFEPROOFのFRĒやnüüdケースの上から装着するオプションだ。

LIFEPROOF社ケースを他製品と大きく差をつける「浮くケース」にすることができる。

ラフティングをしたり、お風呂に入ったり、釣りをするとき、万が一iPhoneを落としてしまっても、優れた浮力をもつLifeJacketがあれば沈まない。

耐衝撃性能も優れており、工事や石油採掘の現場や、船上などでも大活躍間違いなしだ。

普段使いには少々サイズが大きくなってしまうが、海の上にiPhoneを落としても良いという安心感は何にも代えがたいものがあり、最も利用シーンを拡げられるケースの1つだろう。

シンプルが一番、バンパーケース

TUNEWEAR

TUNEWEAR
チューンウェア
FRAME×FRAME
アルミ/TPU
出典:www.amazon.co.jp

衝撃吸収力のあるTPUとアルミニウムの二重構造で衝撃からiPhoneを守る。

操作性を損なわないデザインで、ストラップホールを設けるなど機能性にも優れている。カラバリも豊富だ。

バンパーケースはバンカーリングとの相性がいいので合わせて使うのがおすすめ。

素材で選ぶ

モノにこだわる、レザーケース

alto Metro

alto
Metro
本革ケース
出典:www.amazon.co.jp

イタリア製本革を使用した高品質なレザー製iPhoneケース

背面には、ICカードなどを収納できるポケットを搭載し利便性も高い。

シンプルなツートンカラーでデザイン性の高さが魅力的。カラバリも豊富だ。

iPhone7Plus向けモデルも展開がある。

BONAVENTURA

BONAVENTURA
ボナベンチュラ
ドイツ製本革ケース
トゴ素材使用
出典:www.amazon.co.jp

エルメスのバーキンやケリーでも使われるトゴ素材(雄の仔牛の革)を利用した高級な本革ケース。

柔らかさと張り感を併せ持った素材で、使い込むうちに手に馴染み、表面の凹凸は傷を目立たせない。

毎日持ち歩くものにこそこだわりたい方におすすめだ。

iPhone7Plus向けも展開されている。

アレンジまで楽しむ、クリアケース

ELECOM 人気No.1クリアケース「極み」

ELECOM
エレコム
極み
ポリカーボネート
出典:www.amazon.co.jp

装着しているのを忘れてしまうような極薄・軽量のスリムなシェルカバー。

液晶画面をカバーが覆わず、快適な操作感を維持。

iPhone7Plus向けもある。

Cellularline CLEAR BOOK

Cellularline
セルラーライン
CLEAR BOOK
ポリカーボネート
出典:www.amazon.co.jp

イタリアのブランドCellularlineの、珍しい手帳型のクリアiPhone7ケース

カードポケットも搭載し、クリアケースの保護性能と利便性を引き上げてくれる優れたデザインだ。

ポリカーボネート製で高い透明性と丈夫さがあり、シンプルな見た目も相まって、iPhoneデザインの良さを損なわない高級感ある仕上がりとなっている。

Ray Out アルミバンパーケース

RayOut
レイアウト
アルミバンパーケース
アルミ・ポリカーボネート・TPU
出典:www.amazon.co.jp

アルミ製バンパーと、クリアなポリカーボネート素材の背面のハイブリットデザイン。

内側にTPU素材を採用し衝撃時のクッション性や装着性を高めている。

ストラップホールも付属するので機能性も高いおすすめのケースだ。

iPhone7Plus用もある。

GJ-Japan クリアケース(パンダ)

GJ-Japan
クリアケース(パンダ)
ポリカーボネート
出典:www.amazon.co.jp

りんごマークを活かしたデザインのクリアケース。

かわいい重量上げをするパンダのイラストが描かれている。

こうした個性的な発想のケースがクリアケースには多いので他にも好みのデザインのものを探してみてほしい。

 

遊び心を演出するデニムケース

Kajsa DENIM

Kajsa
カイサ
DENIM
ハードカバー
出典:www.amazon.co.jp

かのレッドドットデザイン賞の受賞歴もあるKajsaのデニムデザインケース。

デニム部分がポケットになっているプロダクトデザインは遊び心と機能性を両立させている。

同ブランドの製品は流石どれもデザイン性が高くおすすめだ。

ZENUS Denim Vintage Pocket Bar

ZENUS
ゼヌス
Denim Vintage Pocket Bar
ハンドメイド
出典:www.amazon.co.jp

ZENUSは、レザーのハンドメイド製作を得意とする韓国のモバイルケースブランド。

使い込むうちにイタリアン牛革が馴染み、デニムの褪せや擦れを楽しむことが出来る。

豊富なパターンを展開しているので同ブランドの作品は他にもチェックしてみてほしい。

タフな貴方に、ハードケース

ROOT CO. × iFace コラボケース

ROOT CO.
ROOT CO.×iFaceコラボケース
MILスペック耐衝撃性
出典:www.amazon.co.jp

箱根にオフィスを構えるアウトドア向け中心のモバイルギアブランドROOT CO.と、若者に人気の高いiFaceケースがコラボレート。

米軍軍事規格のMILスペックをクリアした高い耐衝撃性能を誇る、タフでかっこいいiPhoneケースだ。

iFaceのデザイン性に頑丈さが加わった本ケースは、アウトドアを楽しむ男女におすすめだ。

Spigen Liquid Armor

Spigen
シュピゲン
Liquid Armor
ミッドナイトブルー/MILスペック
出典:www.amazon.co.jp

Spigenらしい無骨なデザインだが、シンプルなジオメトリックパターンがエレガントさを演出。

米軍軍事規格「MIL-STD 810G-516.6」をクリアした頑丈なiPhoneハードケースだ。

iPhone7Plusモデルも展開されている。

世界に1つだけの天然木ケース

MINIOT 天然木ケース

MINIOT
ミニオット
iWood
Maple
出典:www.amazon.co.jp

世界で最も評価の高いケースブランドの1つ、MINIOTの天然木ケース。

MINIOTはオランダの小さなウッドケースデザイン工房だ。

彼らの生み出す天然木ケースは、まるでiPhoneそのものが木製になったかの様にぴったりとフィットする。

使い込むうちに木目の色や質感の変化を楽しめる生きたケースだ。

一つとして同じ木目のない、世界に1つだけの芸術的ケースを手に入れよう。

iPhone7Plus向けも展開されている。

Man&Wood 天然木ケース

Man&Wood
Cappuccino
天然木ケース
出典:www.amazon.co.jp

人気のMan&Wood天然木シリーズの、木製ケース。

天然木の種類によって色や木目の違いを楽しめる。

優しい木の手触りを感じながらiPhoneを持ち歩こう。

iPhone7ケースを選ぶポイント

対応するiPhoneのサイズは?

下表を参考に各種ケースがデバイスにマッチする寸法かどうか確認されたい。

モデル 寸法(縦x横x奥) 画面サイズ 注意
iPhone 6s  138.3 x 67.1 x 7.1 mm 4.7インチ 6と完全互換ではない
サイズ僅差なので影響ない場合も
iPhone 6s Plus 158.2 x 77.9 x 7.3 mm 5.5インチ 6+と完全互換ではない
サイズ僅差なので影響ない場合も
iPhone 7 138.3 x 67.1 x 7.1 mm 4.7インチ 6sと完全互換ではない
※カメラサイズ等異なる
iPhone 7 Plus 158.2 x 77.9 x 7.3 mm 5.5インチ 6s+と完全互換でない
※カメラサイズ等異なる

形状はどんなものがよいか?

ICカードやクレジットカードを収納したい場合には、手帳型かカード入れ付きケースを選ぼう。

また画面を保護する観点でも手帳型はおすすめだ。

財布を頻繁に出す必要がなくなりミニマリズムに繋がる。

iPhoneそのもののシンプルさやデザイン性を重視したい場合にはカバータイプやバンパータイプを選ぶことをおすすめする。

材質はどんなものがよいか?

レザー

レザーの場合

ソファなどでは差が大きいがiPhoneケース程度では、本革と合成皮革の金額差が小さいので、合成皮革を選ぶメリットはほぼ皆無である。

本革では難しいダークカラーなどのカラバリを増やすために敢えて合成皮革を採用するブランドも存在する。

参考のため、本革と合皮はそれぞれどんな特徴があるのか下表を見て欲しい。

材質 利点 欠点
本革 ・長持ち
・高級感
・エイジングの楽しみ
・合皮よりは高い
・湿気や汚れに弱い
・(匂いがある)
PU ・安い
・軽くて柔らか
・雨や汚れに強い

・2年ほどで寿命
・水分と反応しボロボロに
・チープな光沢

PVC ・とても安い
・加工性が高い
・汚れに強い
・PUより硬い
・つるつるで滑りやすい
・湿度が高いとべたつく
・経年劣化で硬化やひびわれ

ハードケース・クリアケースの場合

素材 概要 利点 欠点
シリコン シリコン樹脂 ・装着が簡単
・衝撃吸収
・グリップ感が良い
・埃など付着しやすい
・滑らずポケットから出しにくい
PC ポリカーボネート
CDや防弾盾で使用する硬質素材
「象が踏んでも壊れない」
・耐衝撃性、寸安定性に優れ薄くて軽量
・透明性が高い
・滑りやすく取り出しやすい
・汚れがつきにくい
・高温高湿度により加水分解
・強い圧で白濁
・ボタン等の操作性に影響
TPU 熱可塑性ポリウレタン ・グリップ感が良い
・衝撃吸収
・装着が簡単
・変色しやすい
・熱により変形

使い勝手の良さや耐久度、また透明性の高さからポリカーボネート素材が一番おすすめだ。グリップ感は他に劣る。

TPU製はシリコンとポリカーボネートの良いところを組み合わせたセミハードケースとなる。装着のしやすさやグリップ感、耐衝撃性をもつが、経年で透明性が失われてしまう。

なおポリカーボネートが割れやすいというのは大嘘、出任せである。むしろ割る方が難しい事は不要なCDで試せば分かる。

【クリアケースならではの楽しみも】

iPhoneクリアケースのアレンジ

シール用紙やマスキングテープでアレンジをして、オリジナルケースを自作するのも、クリアケースの楽しみ方のひとつだ。

ディズニーキャラクターケースや花柄のケースなど気に入ったデザインのものを見つけるのが大変な場合もあるが、そんなときは自作してしまえばよい。

頻繁にデザインを変えることも出来るので、飽きた場合も問題ない。

アニメやゲーム好きの方は「痛iPhone」を作っても面白い。詳細な作り方はここでは割愛するが、さほど難しくないのでチャレンジしてみてはいかがだろうか。

【もし黄ばみが出てきたら】

iPhoneクリアケース黄ばみ

TPU素材の透明ケースは光によって変色しやすく、経年とともに黄ばみが現れ透明性が失われてしまう。

これは漂白剤などで元に戻るものではなく、致し方ない。

捨ててしまうのが勿体無いと感じるなら、いっそ透明ではなく別の色にしてしまうという方法もある。

ダイロンマルチ染料

DYLON
ダイロン
マルチ
多目的染料
出典:www.amazon.co.jp

衣類や繊維をはじめ、ナイロンやTPU素材など多くのものを染められる染料。

これを用いてTPUケースを染め上げている方も多い。しっかりと均等に濃く染まる。

機能性で注目すべきところは?

iPhone機能

手帳型ケースの場合

【カバーは留められるか】

デザインが気にいるかにもよるが、出来ることならマグネットでカバーを留められるものを選ぶことをおすすめする。

万が一iPhoneが落下してしまった場合や、カバンの中に乱雑に入れている場合でも、画面を守ってくれる。

【ポケットの数は?】

多くの手帳型ケースにはカードやお札を収納するポケットがあるが、最低でもクレジットカードとIC乗車券が入る程度の収納量があると便利だ。

【スタンドとして使えるか?】

スタンド利用ができると、動画を視聴したり、あるいはタイマーとして使ったり、様々な利用ができるので便利だ。

防水ケースの場合

iPhone防水ケース

【防塵防水性能の見方】

メーカー判断で防塵防水対応を謳っているだけでなく、正式に国際標準の防塵防水基準を満たしていることを確認しよう。

対応レベルは「IP」コードから判断できる。IPに続く1つ目の数字が防塵性能、2つ目の性能が防水性能、「X」は検査省略記号だ。

具体的に、IP56や、IPX4という表記がなされる。

保護等級 防塵性能
IP0X 特に保護がされていない
IP1X 直径50mm以上の固形物が中に入らない(握りこぶし程度を想定)
IP2X 直径12.5mm以上の固形物が中に入らない(指程度を想定)
IP3X 直径2.5mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない
IP4X 直径1mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない
IP5X 有害な影響が発生するほどの粉塵が中に入らない(防塵形)
IP6X 粉塵が中に入らない(耐塵形)
保護等級 防水性能
IPX0 特に保護がされていない
IPX1 鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
IPX2 鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
IPX3 鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
IPX4 あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
IPX5 あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
IPX6 あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
IPX7 一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
IPX8 継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

▲ 出典:Wikipedia

耐衝撃ケースの場合

独自に耐衝撃性能を謳っている製品ではなく、複数回に及ぶ高所からの落下テストなどを含む米軍軍事規格MILスペックをクリアしているものが望ましい。

カード入れタイプの場合

手帳型でない場合にカード収納すると、カードの取り出しやすさや収納容量に注意しておこう。

またケース内側に収納するケースの場合は、頻繁に取り出すカードを入れることは現実的ではない。

最後に

出来る限り多くの方にマッチするケースを紹介すべく、長文となってしまったが気になるケースは見つかっただろうか。

ここで紹介しきれないケースを、素材や形状ごとに分けて各々別記事でも紹介しているので、それらも参考にしながらじっくりと納得のいくケースを選んで欲しい。

最終更新日:2018/09/25