2018年買うならコレ!ソニーからサウンドバー2機種が新登場

SONY HT-S200F

高音質かつスリムなサウンドバーが人気のSONY。同社から2018年1月27日に、2.1chのHT-S200F、2月17日に2.0chのHT-S100Fが新登場します。ホームシアターシステムとしてテレビの前に置いたり、部屋に置くのにも場所を取らず高音質なので、すごくおすすめです!

HT-S200F 2.1ch サウンドバー

SONY
ソニー
ホームシアタースピーカー
HT-S200F 2.1ch
出典:www.amazon.co.jp

サブウーファー搭載で低音の臨場感が味わえる

HT-S200Fは、2.1chのサウンドバーとなっており、左右にプラスして低音を鳴らすウーファーが搭載。テレビの前に置くにも、音楽鑑賞を楽しむにも、一本でかなり臨場感が増すことだろう。

コンパクトかつ設置もシンプル

どこに置いても違和感ないデザイン性と、横58cm・奥行き9.6cmというスリムなボディも特徴。また、テレビとの接続はHDMIケーブル1本ですんでしまうので、テレビ周りの配線がこちゃつくこともない。

部屋に合わせて選びたい2カラー

スピーカーと言えば黒色が多いが、様々な部屋に馴染むよう、ホワイトの展開もある。ナチュラルな女性の部屋でも、無骨なメンズの部屋にも合うこと間違い無し。

HT-S100F 2.0ch サウンドバー

SONY
ソニー
ホームシアタースピーカー
HT-S100F 2.0ch
出典:www.amazon.co.jp

手軽に置いて、テレビの音をグレードアップ

二万円前半で買えるお手頃価格と機能性が売りのHT-S100F。テレビとの接続はHDMIケーブル一本ででき、リモコンでのらくらく操作が可能。

人の声が捉えやすい、クリアで高精細なサウンド

テレビにデフォルトで搭載されているスピーカーだと、人の声がこもって聞こえにくい。

本機は、2ウェイスピーカーシステムを採用しているため、人の声がよりクリアに聞こえるのに加え、ボイスモードも搭載しており、より明瞭。

もちろんテレビだけじゃなく音楽鑑賞にも

Bluetoothに対応しているため、スマホ、PC、ウォークマンなどの音楽プレイヤーなどと無線で接続し、音楽をワイヤレスで楽しむこともできる。リビング空間がより楽しくなること間違い無しだろう。

その他のスペック、便利操作

  • テレビとの接続がより簡単になった「オーディオリターンチャンネル(ARC)」
  • 他社製品との機器連動が可能
  • テレビのリモコン信号をパススルーする「IRリピーター機能」
  • おすすめのサウンドに自動切り替えする「オートサウンド」
  • さまざまなジャンルに対応した「サウンドモード」
  • 人の声やセリフをアップし、聞き取りやすくする「ボイスモード」
  • 深夜の小音量時でも明瞭感のあるサウンドを実現する「ナイトモード」
  • 自宅のリスニング環境に合わせ最適な低音を調整できる「低音レベル」調整
  • 自由度の高いレイアウトを可能にする「壁掛け対応」
  • 壁掛け時に最適なサウンドを実現する「壁掛けモード」
  • 番組情報(EPG情報)に応じて自動でサウンドを切り替える「オートジャンルセレクター」
  • ブラビアの画面から操作できる「オーディオ機器コントロール」
  • スタンバイ時の消費電力を低減する省電力機能「オートスタンバイ」
最終更新日:2018/06/30