「ウバ」の紅茶の特徴をご紹介。ミルクティーや梅酒にも合う!

ティーセット

この記事では、スリランカ紅茶の一種である「ウバ」について解説します。 「ウバ」の茶葉の特徴やおすすめの飲み方(是非ミルクティーで!)、産地の情報ついてご紹介します。 この記事でご興味を持って頂き、実際に紅茶をご賞味頂ければ幸いです。

ウバの基礎知識

ウバの、茶葉の特徴は?

ウバとは、スリランカ地方で栽培されている茶葉。 茶葉は、茶褐色で、紅茶を淹れると、やや明るい赤色になる。 鋭い渋みと、「ウバフレーバー」と呼ばれる独特のバラの香りが強い紅茶だ。

7~9月がクオリティシーズン(品質が良い)となり、特に9月頃に最高品質の茶葉が採れる。 渋みやコク、香りがかなり強い特徴をもっているウバ。 ミルクで煮だしても、ウバの個性が消えないので、ミルクティーとして飲むと美味しい。

  • 香り:かなり強い
  • コク:やや強め
  • 渋み:かなり強い
  • 水色」普通 

ウバに、カフェインはある?

基本的に、紅茶にはカフェインが含まれてる。 カフェインが気になる方は、飲み方や、アレンジなどを工夫すると良い。

例えば、「ウバ」は前述のとおり、ミルクティーがおすすめの紅茶だ。 ミルクティーとして飲むと美味しく、多少カフェインも抑えることができる。 ストレートで飲むときは、抽出時間を減らすなど、工夫次第でカフェインとも上手く付き合える。

ウバの効能は?

ウバはタンニンと呼ばれる、活性酸素の害から体を守り、血液をさらさらにする効果があr。 また、カリウムが老廃物を排出してくれ、便秘予防にも一役買ってくれる。 これからの季節、紅茶に含まれる「ビタミンB群」や肌の老化を防いでくれる「カテキン」などの成分は女性に嬉しい。 また、カテキンは食中毒の防止もしてくれる。

ウバの分量と抽出時間は?

まず、カップ1杯に入れる分量としては、2~3gを目安とすると良い。 紅茶に入れてからの抽出時間は、3分~5分で、茶葉にもよるので、後述する時間をみて、きちんと計測しよう。

ウバのおすすめの飲み方は?

ウバは、ストレートで香りを楽しむのにも適した紅茶だが、濃厚なミルクティーを煮だすのにも適した紅茶。お好みでどうぞ。

ロイヤルウォルトン
ウバ
30袋(105g)
出典:www.amazon.co.jp
トワイニング
クオリティブレックファスト
100g
出典:www.amazon.co.jp
えいこく屋
オーガニックウバ
100g
出典:www.amazon.co.jp

ウバの種類と淹れ方

紅茶を淹れるアイテムについては、下記記事を参考いただきたい。

>>おすすめ紅茶ティーポット&選び方
>>おすすめ耐熱ガラスティーポット特集
>>おすすめシュガーポット/ミルクポット特集
>>おしゃれさを格段に上げる、おすすめ電気ケトル特集。

クオリティシーズン ウバ

7~8月のモンスーンの影響をうけて品質がよい茶葉「クオリティシーズンウバ」ができます。 強い渋みをもった茶葉は、貴重なものとして扱われている。 紅茶を淹れると、明るいオレンジ色が美しい。 ストレートやミルクティがおすすめ。

  • 抽出時間:3分
  • 香り:やや強め
  • 渋み:かなり強い 

ウバFOP

茶葉を大きくすることによって、独特の渋みを抑えた茶葉。 紅茶を淹れると、オレンジ~赤色となる。 おすすめの飲み方は、ストレート。

  • 香り:やや弱い
  • 渋み:普通
  • 水色:普通 

「ウバ梅酒」のレシピ

香り高くフルーティな「ウバ梅酒」のレシピをご紹介。

材料

  • ウバの茶葉
  • 梅酒
  • お好みで柑橘系果物の果汁

とてもシンプルな材料で作れる。

作り方

  1. グラスに梅酒を入れる
  2. 水の代わりに紅茶を注ぐ
  3. お好みでオレンジやレモンの果汁をかける

とっても美味しいので、是非試してみていただきたい。

ウバの歴史

ウバ地域とは

ウバの生産地域は、スリランカのバドュウ行政区に属している。 茶園は海抜1000~1600mほどの範囲に多い。 バンダラウェラ、マルワッタバレー、ウエリマダなどの地区がある。 スリランカでは11月~2月、5~9月にモンスーンが訪れる。 また3~4月、10~11月は雨期となっている。 モンスーン期間は乾燥した風が吹くため、高品質の茶葉が生産できる。

ウバの茶葉のシーズンとは

茶葉は年中生産されている。 7~9月のモンスーン期間は、乾燥した風がふき、独特の「ウバフレーバー」を生む要因となっている。 また3~4月、10~11月は雨期となり、そのあとに量産機が訪れる。

ウバ地域の歴史とは

ウバという地名は、険しい山や風の音から名付けられた。 ウバには、古くから仏教寺院があり、シンハリ人の巡礼地ともなぅている。 かつてはコーヒー園が開かれていたが、やがて茶園と変わった。 トーマス・リプトン氏はウバの茶園を買収し、未開拓地を茶園にも変えていった。

最終更新日:2017/02/10