スープメーカーの人気6機種を徹底比較。おすすめは絶対コレ!

スープメーカー

ビタミンや食物繊維を多く摂取できるスープを簡単に作れるのが、スープメーカー。今回は、山本電気/ドウシシャ/コイズミ/タイガー/ツインバード等の人気機種を比較し、おすすめをご紹介します。

スープメーカーは進化を遂げている!

「スープメーカーは、スープを作るもの」そんな概念はもう古い。今やスープメーカーはその域を超え、多機能マシーンへと変化を遂げている。

例えば、従来の「煮る」機能の他に、下記のような機能をもった機種がある。

  • 「きざむ」フードプロセッサー機能搭載
  • 「砕く」ミキサー機能搭載
  • 「混ぜる」「練る」「こねる」低速撹拌機能搭載
  • 別売りアタッチメントでスライスが可能
  • 適温調節機能搭載であたため再加熱可能

もちろん、スープメーカーとしてのシンプルな「煮る」機能だけの機種もある。しかし、スープや他の料理の下準備が簡単にできたり、料理の幅が広がる機能ばかりなので、機能面も是非チェックしていただきたい。

おすすめのスープメーカー、人気6機種を比較

比較点 タイガー Aコイズミ ゼンケン コイズミ ドウシシャ TB
現在価格 ¥19,878 ¥9,980 ¥11,850 ¥12,311 ¥5,380 ¥3,515
口コミ ◯/4.3 ◯/4.2 ◯/4.2 ◯/4.0 △/3.4 ◎/4.6
所要時間 30分 非掲載 30分 30分 30分 非掲載
FP ◎/搭載
ミキサー ◎/搭載 ◎/搭載
容量 650ml 2500ml 900ml 800ml 800ml 300ml
総合評価 ★5つ ★3つ ★4つ ★5つ ★2つ ★3つ

※TB=ツインバード/FP=フードプロセッサー

以上は、人気スープメーカー6機種の比較表だ。下記で、確認すべきポイントの説明をしていく。

ポイント1:ミキサー/フードプロセッサー機能の有無

冒頭で述べた通り、スープメーカーにはミキサーやフードプロセッサー(FP)機能が付いた機種がある。

例えば、かぼちゃのスープを作る時、かぼちゃを煮て粗熱を取り、カットした後に砕いて、味付けをして…とかなりの手順を踏む。それが、ミキサー/フードプロセッサー機能付きの機種ならボタン1つで済むのだ。

下準備の不便さの解消で時短になるのに加えて、他の料理を作るときの幅も広がる。自由研究社としては、この機能付きの機種をおすすめしている。

ポイント2:スープメーカーの容量

スープメーカーの容量は、各社様々だ。

ツインバードが最小で300mlだが、これは少し多めの一人分の容量と考えて良い。二人分もしくは作り置きしておきたい場合は、600ml以上のタイプを選ぶと良い。

また、1000mlを超える機種は、スープ以外の他の料理にも大いに応用がきく。料理をする頻度や種類に合わせて選ぼう。

おすすめのスープメーカー、人気6機種を紹介

ミキサーと豆乳モード付き、しかも大容量で評価も◎。ベストバイはコイズミ

KOIZUMI(コイズミ) 【豆乳・おかゆも作れる】スープメーカー Vitalie(ビタリエ)レッド KSM-1010/R

KOIZUMI
コイズミ
Vitalie(ビタリエ)
KSM-1010/R
出典:www.amazon.co.jp

コイズミは約4人分のスープが作れる大容量タイプ。食べきりたいときはハーフモードも使える。また豆乳モードも搭載しており、ボタン一つ・20分で豆乳やおからが出来てしまう優れもの。

炊飯器だと1時間以上かかるおかゆやリゾットも、30分で完成。低速・高速のミキサー機能もあり、飲むスープだけでなくスムージーもできる。これ1台で健康な料理が何種類もつくれそうだ。

ガラスなので視認性が良く、分解洗浄が簡単にできるのもおすすめポイント。

フードプロセッサーがついた唯一の機種。超万能なタイガーのスープメーカー

タイガー IHスーププロセッサー SKX-A100-W

タイガー魔法瓶
TIGER
スーププロセッサー
SKX-A100-W
出典:www.amazon.co.jp

スープ作りを簡単にしてくれるフードプロセッサー機能がついた唯一の機種が、タイガーSKX-A100。具材を粗くカットしてつくる「食べるスープ」と、ペースト状になるまで粉砕してつくる「飲むスープ」の2つの機能があり、操作も楽ちん。

容量も2~3人分まとめて作れるサイズで、再加熱も可能。ひき肉でハンバーグを作るときは、約4人分調理できる。

シンプルな機能ながら大容量で口コミも良し。ゼンケンのスープメーカー

ゼンケン 野菜スープメーカー 菜食元気 VS-900B

ゼンケン
野菜スープメーカー
菜食元気
出典:www.amazon.co.jp

ゼンケンのスープメーカーは、「具がないスープ」「具が残る食べるスープ」「おかゆ」と3つのメニューからモードを選べるシンプルなスープメーカー。できあがりの際、音でお知らせしてくれたりと使い勝手も良い。

野菜嫌いの子供がいる家庭にもおすすめだ。

圧倒的な容量。冷凍ストック用や他の料理にも。アルファックス・コイズミ

AL Colle 【直火対応で下ごしらえも時間短縮! 】 スロークッカー・煮込み名人 ASC-T25/ST ステンレス

アルファックス・コイズミ
スロークッカー
煮込み名人
ASC-T25
出典:www.amazon.co.jp

内釜が直火OKの本格派。スープ専用という訳ではないが、もちろんスープ作りにも適している。内釜で炒める下ごしらえができるので、料理の幅も広がる。

オフタイマーは30分刻みで、最高9時間30分まで設定可能。調理が終われば自動的に保温になる。もつ煮や角煮など、煮込めば煮込むほど美味しい料理や焼き芋にも最適。

調理に時間がかかって少量でもOKなら、かなりコスパが良い。ツインバード

ツインバード スロークッカー ブラウン EP-4717BR

ツインバード工業
TWINBIRD
スロークッカー
EP-4717BR
出典:www.amazon.co.jp

スロークッカーは名前の通り、長時間低音調理用の器具。スープメーカーとしての販売がメインではないが、手軽にスープが作れることで人気。料理の幅が広がること間違い無し。

番外編|加熱はできないがスープ作りに適した万能ミキサー

YAMAMOTO マルチスピードミキサー Master Cut MM41ホワイト YE-MM41W

山本電気
マルチスピードミキサー
YE-MM41W
出典:www.amazon.co.jp

スープメーカーではないが、スープ作りの際によく口コミで出て来るのが、山本電気のマルチスピードミキサー。

この製品の売りは、低速800回転から高速3,000回転の無段階スピード+断続運転で、「砕く」から「練る」という背反する作業を1台でできるという点だ。料理の幅を広げたい人には最もおすすめしたい調理器具だ。

まとめ

いかがだっただろうか。スープメーカーには、純スープメーカーと、様々料理をつくれる中の1つにスープがある場合がある。料理の頻度や用途に合わせて、賢く選んでいただきたい。

最終更新日:2018/06/11