本当に使えるおすすめスマートウォッチ【厳選5機種】比較レビュー【2018最新】

スマートウォッチ

時計型のウェアラブルデバイス、スマートウォッチ。はじめて選ぶ方は「どれも同じに見えるし、選ぶのが難しい!」と悩むことが多いです。今回は、そんなはじめての方向けに有益な情報をまとめ、本当に使えるおすすめ製品を厳選してご紹介します。

スマートウォッチ最新ニュース

スマートウォッチの選び方

スマートウォッチは、スマートフォンと連動し、スマホを所持していなくても、電話の着信・LINE・メール・アプリなどの通知を受け取れる。また、地図やカレンダーアプリとの連動も可能。

おすすめのスマートウォッチをご紹介する前に、まずスマートウォッチを選ぶ際に最低限押さえておきたいポイントを挙げる。

選び方①まずは対応OSを確認しよう

まず始めに確認しておきたいのが、対応OS。

iOSデバイス、Androidデバイス両方に対応している機種も多いが、どちらかのデバイスだと機能が制限されてしまう機種もあるので、最低限確認してから購入しよう。

選び方②どんな機能が欲しいのか考えよう

スマートウォッチは、スマホアプリの通知受信・通話という基本機能の他に、

  • 心拍数等が測れる活動量計(アクティブトラッカー)機能
  • GPS搭載でランニング等のトレーニングをサポートする機能
  • 自動睡眠検知+アラーム機能
  • 本体に音楽を保存・再生する機能

など、便利な機能が搭載されている機種も多い。

特に心拍数・睡眠検知・自動睡眠検知は機種によって精度が異なる。これらを重視する方は、活動量計としてシェアが高い【Fitbit】【GARMIN】などがおすすめ。

活動量計でライフログ(体重・心拍数・体調の変化を日々記録する)を取りたい人は、下記記事も参考にして欲しい。

ポイント③どんなデザインが良いか考えよう

ビジネスシーンでの利用をする場合

スマートウォッチをビジネスシーンで利用しようと考えている人は特に、スーツやビジネスカジュアルファッションに適したデザインかどうかは重要なポイントとなる。

外出が多い営業などの職種の方は、日光の下でもディスプレイが見えるような、彩度が高いものを選ぶと良い。

活動量計機能があるものは、つけ心地も重要

また、ライフログが取れる活動量計機能をもつ機種は、原則24時間装着していることとなる。

そのため、汚れが気にならないカラー、シンプルなデザイン、なるべく厚みがなく邪魔にならない厚みを選ぶと良いだろう。

ベルトがラバーだと使用しているうちに劣化してくる。長く使用できるように、バンド等の交換パーツがあると尚良いだろう。

おすすめのスマートウォッチ【iPhone/Android両用】

現行スマートウォッチの中で、最上位機。ビジネス使用に最適

Samsung スマートウォッチ Galaxy Gear S3 Frontier SM-R760NDAAXJP_A

by Galaxy
スマートウォッチ
Frontier
出典:www.amazon.co.jp

ベゼルで快適操作&充実の機能

現在販売されているスマートウォッチの中で、一番性能が良いのが、Samsungのスマートウォッチ。(筆者調べ)

スマートウォッチ初のベゼル操作搭載。瞬時に、【通話、メッセンジャー、音楽プレーヤー、天気予報、ニュース、】など様々なアプリにアクセスできる操作性が高評価。

小さいディスプレイをスワイプ・タッチ操作せずに済むので、ストレスも少ない。

バッテリー持ちも長い

スマートウォッチは1日程度で充電が切れてしまう機種がおおい中、本製品はGPSをオンにしっぱなしでもない限り、3~4日程度連続使用できる。

ビジネスウォッチとして適したデザイン

本製品は、ビジネスマンの利用者もかなり多いほど、リアルウォッチのデザインと比較し、遜色ないものとなっている。

円形のディスプレイは16Mフルカラーで見やすい上に傷に強く、防水(IPX5/IPX8)と防塵(IP6X)対応はもちろん、高低温、衝撃にも強いタフさも嬉しい。

Galaxy Gear S3 Classicシリーズも人気

by Galaxy
スマートウォッチ
Classic
出典:www.amazon.co.jp

アナログ式時計のような高級感のある、デザイン違いのクラシックシリーズも人気。

frontierとClassicの違いは、「Gear S3 frontier」は「3G / LTE」モデルがあること。これにより、スマートフォンとペアリングをする必要がなく、スタンドアロン端末(単独動作可能)として音声通話が可能となる。

活動量計としても万能。ライフログ管理ならFitbit

【日本正規代理店品】Fitbit スマートフィットネスウォッチ Blaze Large FB502SBKL-JPN

Fitbit
フィットビット
スマートフィットネスウォッチ
Blaze
出典:www.amazon.co.jp

フィットネス機器メーカーならではの充実性能

Fitbitは、ウェアラブルアクティブトラッカーの先駆けとなったブランド。活動量計の中でも知名度・人気ともにNo.1。

専門メーカーだからこそできる、様々なセンサーを用いた心拍数やGPSの正確な測定と、アプリ連動による食事や水分摂取量の記録・体格指数(BMI)や体重記録等が売り。

他にも自動睡眠記録、サイレントアラーム (バイブ機能)など高性能な機能が搭載。

※LINEの通知が出来ないというレビューがあるが、現在は出来るようにアップグレードされている

GPSの捕捉スピードが速い。ランニングするならGARMIN

GARMIN(ガーミン) ランニングウォッチ ForAthlete 230J FA230J 371787

GARMIN
ガーミン
ランニングウォッチ
ForAthlete
出典:www.amazon.co.jp

GPSの捕捉が速い

GLONASS 、みちびき 、高感度レシーバー搭載により、他メーカーよりもGPSの捕捉スピードが速いと評されているガーミン。

ランニングの際の正確な速度・距離の把握ができたり、スマホとBluetooth接続することで「LiveTrack」という現在地と移動ルートをリアルタイム表示できる機能も。

また、画面を4分割して、タイム・距離・ペース・ピッチ等見たい情報をカスタマイズ表示もできる。夜間のランニングでもバックライトで明るく表示できる。

おすすめのスマートウォッチ【Android向け】

とにかくおしゃれ。ファッションブランドFOSSILのスマートウォッチ

腕時計 Q MARSHAL スマートウォッチ FTW2106 メンズ 

FOSSIL
フォッシル
スマートウォッチ
FTW2106
出典:www.amazon.co.jp

ウォッチフェイスがカスタマイズできる

ファッションブランドならではのデザイン性の高さが魅力の本機。ウォッチフェイスのカスタマイズができ、気分に応じて盤面を選べるのも楽しい。

男性向けの「Q MARSHAL」、女性向けの「Q WANDER」と男女で商品展開されている。

価格・デザイン・機能のバランス良し。ZenWatch 2

ASUS 新型 Android Wear スマートウォッチ「ZenWatch 2」1.65″, Silver case with Brown rubber watchband 

ASUSTek
スマートウォッチ
ZenWatch 2
出典:www.amazon.co.jp

スマホとのスムーズな連携が売り

Android Wear搭載機種で、スマホとの連携がスムーズ。スマホ側の設定がそのままスマートウォッチ側に反映される。

スマートフォンで受信した新着通知をタイムリーに表示できる他、シンプルなタッチや音声コマンドで、欲しい情報にすぐアクセスできる。

心拍数計は搭載していないが、歩数計などは内蔵されている。

最新のZenWatch3も要チェック

ASUSTek
スマートウォッチ
ZenWatch 3
出典:www.amazon.co.jp

おすすめのスマートウォッチ【iPhone向け】

iPhoneに最適なスマートウォッチといえば、Apple Watchが一番に浮かぶだろう。

Apple Watchは現在Series 3(3世代目)に突入し、Cellularモデルだとスマホのように単体で通話やお財布機能も果たせる。

Apple Watch以外にも選択肢があるので、紹介していこう。

Apple Watch Series 3

Apple
アップル
Apple Watch Series 3
アップルウォッチ
出典:www.amazon.co.jp

前述の通り、単独での通話や決済が可能。とにかくiPhoneとの相性がよく、操作性も高い。

Apple Watch Series 1

Apple
アップル
Apple Watch Series 1
アップルウォッチ
出典:www.amazon.co.jp

初代Apple Watchも、基本的なスマートウォッチの機能は果たしていて、最新機種よりも安価なのでおすすめ。

ASUS VIVO Watch

ASUS
エイスース
VIVO Watch
スマートウォッチ
出典:www.amazon.co.jp

カロリー計算や脈拍、睡眠時間や熟睡度の計測機能があり、健康維持が目的の方におすすめ。

防水機能もあり、これだけの高性能機種なのに、割とお値段はお手頃。

 

スマートウォッチに関するよくある質問

最後となるが、スマートウォッチを調べる上で感じそうな疑問と回答をまとめた。

心拍数を計測するメリットは?

気軽に心拍トレーニングができる

トレーニングをしている人は特に、心拍数の管理をすることでより一層効果が増す。

例えば、

  • 体脂肪を燃やす場合:最大心拍数×60~70%以下
  • 心肺を鍛えたい場合:最大心拍数×70~80%

で運動すると効果的。

消費カロリーが正確になる

運動量と心拍数のデータを合わせてとれると、消費カロリーが実際の値と比べて正確になる。そのため、ダイエット中の人や減量中の人にもオススメ。

アプリなどと連動して食生活のログもつけると、より良いだろう。

GPS接続ってなに?

スマートフォンのGPSと繋ぐことで、スマートフォンアプリ内の地図に移動ルートを記録し、ランニングの際のペースや距離などを記録できる機能。

運動リマインダーって?

1時間に一定の歩数以上の活動がない場合に活動を促す通知を表示してくれる。その他、座りっぱなし・座りすぎ状態の時にアラートを鳴らしてくれる機能も。デスクワークを行う人にもおすすめだ。

自動睡眠記録機能って?

心拍数系により睡眠時間と睡眠の質を自動で検知し記録してくれる機能。30分程度の幅で、睡眠が浅いときにサイレントアラームで起こしてくれる機種も。

スマホ紛失防止機能って?

スマホを無くしたときに便利な、探せる機能。

IP◯◯防水防塵性能(IPコード)って?

よくスペック表にはIP◯◯と書かれていることがある。

それは、スマホの防水性能を示す値「IPコード」。製品の防水・防塵性能の等級を示し、世界では「国際電気標準会議(IEC)」日本では「日本工業規格(JIS)」が定めている。

現行の製品ではIP67が主流で、これは防塵6級・防水7級という意味。これだけあれば、日常使用では十分だろう。

  • 「IP」のあとの数字のうち、前の数字が「防塵性」を示す=第一特性数字
  • 「IP」のあとの数字のうち、後の数字が「防水性」を示す=第二特性数字

使用用途と価格に合わせて選ぼう。

 

最終更新日:2018/06/22