2018最新|応答速度重視で選ぶ、おすすめPS4用のモニター5選

ゲーミングモニター

今回はPS4(PlayStation 4)にむいたモニター(ディスプレイ)の選び方やおすすめ製品をランキング形式でご紹介!テレビをの違いなどもご説明します。

おすすめのPS4用モニターランキングTOP5

DELL S2716DG [27インチ]

出典:www.amazon.co.jp
DELL
S2716DG
27インチ

4Kではないが、フルHD以上となるWQHD(2560×1440)となっており、反応速度は通常モードで3ms、高速モードで1msと高性能。

ゲームをするために調整されたようなTNパネルのモニターで、PS4用にして不満を感じることは少ないだろう。

DELLときくと格安PCメーカーという印象を持つ方も多いともうが、DELLはゲーミングPCとゲーミングデバイスやモニタの生産にもかなり積極的で、モニターも高品質のわりにコストパフォーマンスが良く人気が高い。

EIZO FlexScan EV2785 [27インチ]

出典:www.amazon.co.jp
EIZO
FlexScan EV2785
27インチ

4K画質で応答速度5msの高品質モニター。EIZOのFlexScanシリーズといえば、モニター業界では超高級品として有名。

環境光を感知し、周囲の明るさに応じて画面の明るさを調節する機能「Auto EcoView」を搭載しており、目にもやさしい。

IPSパネルを採用しており、視野角も広めだ。唯一の難点は高級品だけあって価格も可愛くない。

EIZOはどちらかというとプロ用(CGデザイナーなど)のモニタを生産しているイメージが強く、信頼性は最も高い。

iiyama ProLite XB2783HSU-B1 [27インチ]

出典:www.amazon.co.jp
iiyama
ProLite XB2783HSU-B1
27インチ

フルHD画質のAMVAパネルで、応答速度は4msほど。VAパネルなので黒の表現力が高く、ホラー系など薄暗い演出の多いゲームで真価を発揮する。

バイオハザードやダークソウルシリーズなどが大好きなら、メリハリのあるダーク色にうっとり(?)するはず。

現在VAパネル以外を使用していて、「黒が潰れてるなあ」「黒い部分の濃淡に不満」と感じやすいならおすすめ。

iiyama(イイヤマ)は昔からPC用のモニタを多く生産してきたブランド。元々は国内メーカーだったが現在はマウスコンピューターに吸収合併されている。

ViewSonic VX2757-mhd [27インチ]

出典:www.amazon.co.jp
ViewSonic
VX2757-mhd
27インチ

フルHD画質で応答速度は1msとなる、FPSや格闘ゲームが大好きな人におすすめのモニタ。価格も控えめで購入しやすいので、FPSや格闘ゲームをするときだけモニターを変えるというのもあり。

ViewSonicはアメリカ・カリフォルニア州で設立された会社であり、アメリカでは最も知名度の高いメーカー。日本への参集は最近のため国内での知名度は低いが、メーカーとしては信頼できる。

LGエレクトロニクス 27UK650-W [27インチ]

出典:www.amazon.co.jp
LGエレクトロニクス
27UK650-W
27インチ

4K画質のIPSモニタで反応速度は5msほど。バランスの良い4Kモニターで、EIZOのFlexScan EV2785よりリーズナブル。

LGエレクトロニクスは韓国のメーカーであり、液晶ディスプレイをはじめブルーレイのドライブや家電製品などを生産しているメーカーで、液晶テレビ業界ではかなりシェア率が高。人気の秘密は性能がそこそこのわりにリーズナブルなところ。

PS4(PlayStation 4)のモニターの選び方

画面サイズ|主流は27インチ

画面サイズについては、大きければ大きいほど良いというわけでもなく、自分とモニターの距離による。

たとえば、机に座って眼の前にディスプレイがある(パソコンディズプレイと顔の距離くらい)のであれば、24~30インチくらいで十分。一般的には27インチが主流となっている。

40インチ程度になると画面から2~3メートル以上は離れていないと視覚内に画面全体を見渡せず、ゲームプレイしにくい。

解像度|4Kを選ぶべきか?

解像度が良ければよいほど、描画は繊細で美しくなる。現行ではゲーム用ならフルHD以上が普通で、大きな画面で綺麗にゲームしたいなら4K対応を買っておいたほうが良い”かも”しれない。

今後を見越して4Kを買うのもアリ

というのも、安易に4Kを選んでも、ゲームソフトが4K出力に対応していなかったり、PS4 Pro(2016年11月10日発売)でないと4K出力に対応していないからだ。

PS5発売の噂もあるので、今後を見越してスペックが良い4K HDR対応モニターを購入するのもアリだろう。

ちなみに、『Horizon Zero Dawn』『GRAVITY DAZE 2』『人喰いの大鷲トリコ』などはPS4 proになると映像表現が強化されるので、これらタイトルが好きなら購入はよりアリだろう。

基本的にはインチ数に合わせて選ぼう

解像度は、簡単に言うと表現できる画像の密度のことなので、画面が大きいほど、画素数が少なければ荒くなる。小さい画面は大きい画面ほどの画素数を必要としない。

そのため24インチなどそこまで大きくないモニターは、そもそも4K描画を活かし切るほどの画面サイズがないのでフルHDで十分美しいし、4Kモデルがすくない。

正直言って画面サイズがとても小さいのに4Kと書いてあるモデルは、美しいモニターというより「4K」と宣伝したいだけな印象がある。

応答速度

応答速度は画面の色変化がどの程度のスピードで行えるかに影響する。たとえばかなり素早い描画に応答速度がついていけない場合、残像を残してしまうため、クッキリさが損なわれる。

一般的な高品質モデルは8msから5ms程度となっているが、応答速度を重視しているものは2msから1ms程度となっている。

2msから1msが必要なのはFPSや格闘ゲームを本気でプレイしている方やEスポーツ(プロのコンピューターゲーム競技)にのめり込んでいるような方。

応答速度の良いモニタはTNパネルを採用している場合が多く、描画には多少難があるので注意。

リフレッシュレート

リフレッシュレートは1秒間にどれだけ画面を書き換えるかを表した値。リフレッシュレートが高ければ、動画再生がとてもなめらかで美しくなり、リフレッシュレートが低いと、動画にカクつきや違和感を感じやすい。

接続端子

DVIだろうがディスプレイポートだろうが、どんな端子でも基本的にはPS4と接続出来る。

ただコンシューマのゲーム機はHDMI端子を想定している場合が多いし、モニターセレクターもHDMI用の物が多いので、よくわからない場合はHDMI端子のあるモニタを選んでおくと良い。

液晶パネルの種類

パネル 特徴
TNパネル 安くて応答速度が早い。一方で視野角がとても狭く色の表現力にやや難がある
IPSパネル 視野角が広く、色も安定していて画質がよい。ただし若干応答速度が遅い
VAパネル 黒を表現しやすいが視野角が狭い。応答速度はIPSパネル程度。

主流となっているのはIPSパネル。応答速度はTNパネルに比べると若干遅いが、普通にゲームする上では特に問題なし。視野が広いので寝っ転がったり、座ったり、座る位置を少し変えても特に問題ない。

TNパネルのほうがいい場合は、格闘ゲームや対戦型のFPSなど、素早い描画を求めるゲームに本気な人むけ。こちらは視野が狭いので、最適な角度でモニターを見る必要がある。

VAパネルは黒の表現力が良いので、ホラーなどダークで薄暗い演出のゲームばかりプレイしているなら、おすすめしたい。

PS4用モニターと、テレビとゲーム用モニターの違いは?

TVモニタとゲーム用モニタのもっとも大きな違いは、テレビチューナーがついているかどうかが大きい。

最近はそれに付随してテレビ録画機能を搭載している物も多い。

またテレビモニターはリモコン付きが主流だが、ゲーム用モニタにはたいていリモコンなど無い。(テレビのように画面の切り替えをする必要がないから)

テレビはともかくとして、リモコンが欲しいだけなら、PS4用のリモコンがあるので、そちらを使うといいだろう。

ゲーム用とテレビを分けるメリットは?

テレビは昔のブラウン管テレビの頃と大きく違い、画面が非常に大きくそして高価となっている。

一方でゲーム用モニタはPCモニタの一種であり、ファミリーサイズでなく個人用のサイズを想定しており、画面サイズの選択肢が多い。

また、リモコンやテレビチューナーなどがない分、価格も控えめな製品も多い。

最終更新日:2018/10/11