実機レビュー|格安ロボット掃除機MOOKA I3の実力は?ルンバ622との比較も

MOOKA I3

2万円以下で買える格安ロボット掃除機のMOOKA I3を入手したので、手持ちのルンバ622と比較してみました。その実力や基本スペック、実際に使ってみた感想などをレビューしていきます。

ロボット掃除機MOOKA I3のスペック(ルンバ622との比較)

MOOKA
I3
ロボット掃除機
出典:www.amazon.co.jp

クーポン「MOOKA008」で20%offなので、是非。(2018/10/31まで有効)

MOOKA I3の大きさや薄さ→ルンバより小さい

MOOKA I3 とルンバ622の比較

MOOKA I3の薄さは、7cm。大きさは、直径340×高さ92mmの手持ちのルンバ622より一回り小さい。

薄さも若干薄いので、ルンバがギリギリ入らない家具をお持ちの方には良いかもしれない。

MOOKA I3のデザイン性→ルンバより良い

MOOKA I3

ルンバ622と比較するとMOOKA I3のデザイン性に軍配があがるだろう。

筆者の家は特にモノトーンで統一しているので、ルンバはどうにかこうにか隠している状況。MOOKAのようにオールブラックだとインテリアにも馴染むだろう。

写真を見てもわかる通り、鏡面のような高級感がある。手垢は付きやすいが、かなりおしゃれな印象。

衝突や落下回避機能がある→ルンバと同じ

3万円台のルンバ622と同様に衝突防止センサーと、落下防止センサーを搭載しているのも嬉しい。

しかし、玄関などから落ちたら故障の原因となるので、きちんと試してから自動清掃するようにしよう。

自動充電機能がある→ルンバと同じ

MOOKA I3

充電方式はルンバ622と変わらない。充電ドッグをコンセントに差し込んで、ルンバの帰宅を待つだけ。

もちろん、バッテリー残量が一定以下になると、自動的に充電ドックへ帰ってくれる。(写真は充電中のもの)

充電ドッグの大きさも、ルンバ622と左程変わらなく、じゃまにならない大きさだ。

連続稼働時間→ルンバより長い

MOOKAは、2600mAh大容量LG電芯を採用しており、1回の充電の最大連続稼働時間は約120分。ルンバは60分となっており、こちらはMOOKAに軍配があがる。

過充電保護もあるので、バッテリー面でも期待が持てる。

タイマー設定がある→ルンバ622は無し

MOOKAが特段秀でている点が、タイマー設定機能。ルンバは622より上位機種でないとこの機能がない。

正直ルンバを所持していて、タイマー設定機能はあったほうが便利だと感じている。

普段家族が居ない時間にセットしておけば、毎日キレイな床で過ごせる。これこそロボット掃除機の醍醐味だ。

保証期間→ルンバより長い

ルンバ622の保証期間がデフォルトで12ヶ月のところ、MOOKAは18ヶ月保証。24Hカスタマーサポートもあるので、万が一の故障時にも安心だ。

総評~格安ロボット掃除機は結局どうなのか~

結論、アリだと思う。

求める機能、特にタイマー設定機能が搭載していて、2万円以下に抑えられているのはかなり評価できる。

今や1万円以下のロボット掃除機もあるが、バッテリーがすぐお釈迦になる機種も多い。

MOOKAは2万円付近の機種としては、なかなか手堅い選択だと思う。

MOOKA
I3
ロボット掃除機
出典:www.amazon.co.jp

クーポン「MOOKA008」で20%offなので、是非。(2018/10/31まで有効)

最終更新日:2018/07/20