楊貴妃が愛したライチティー。効能や作り方、美味しい飲み方をご紹介

紅茶

この記事では、紅茶の中のフレーバーティーの一種である「ライチティー」について解説します。 「ライチティー」の効能や作り方、抽出時間や飲み方についてご紹介するので、是非取り入れてみてくださいね。

ライチティーとは

ライチティーとは、楊貴妃が愛したと言われる「ライチ」をふんだんに使用した南国果実の紅茶。 キームン紅茶(祁門紅茶)がベースとなっており、ライチの独特の香りと、南国感のある甘さが特徴。 最近では、リプトンがライチティーを出して、好評だった。 

フレーバーティー30種類を紹介している記事は下記。
>>フレーバーティー(フレーバードティ)30種類からおすすめを紹介!

ライチティーの特徴とは?

ライチティーには、紅茶によくある「渋味」が少ないことが特徴としてある。 冒頭で述べた通り、キームン紅茶がベースとなっているため、口当たりの良く、ライチティーの甘さとよく合う。 ライチは南国の果物のため、その独特の「トロピカルな香り」も特徴の1つ。

えいこく屋
ライチティー
80g
出典:www.amazon.co.jp

ライチティーの効能

中国茶全般に言えることだが、含まれているポリフェノールには老化防止、動脈硬化予防、癌予防などの効果がある。 ライチティーはフルーティーな爽やかさから、リラックス効果もあると言われている。

カフェインについて

基本的にフレーバーティーは、紅茶を香りづけしたものなので、カフェインは含まれている。 しかし、商品によって、ノンカフェインのものも最近出ていている。

ライチティーの美味しい飲み方

ライチティーは1年中楽しめる紅茶ではあるが、特に、夏におすすめ。 美味しく飲むためのTipsを見ていこう。

分量と抽出時間

まず、カップ1杯に入れる分量としては、2~3gを目安とすると良い。 紅茶に入れてからの抽出時間は、3分弱で、きちんと計測しよう。

おすすめの飲み方

ライチティーはストレートで飲むのも良いが、なんといってもレモンとの相性が抜群なので、レモンティーとして飲むのがおすすめ。 ライチレモンティーをアイスティーとして飲むと、夏には美味しく飲むことができる。  

ライチティーのレシピ

紅茶を淹れるアイテムについては、下記記事を参考いただきたい。

>>おすすめ紅茶ティーポット&選び方
>>おすすめ耐熱ガラスティーポット特集
>>おすすめシュガーポット/ミルクポット特集
>>おしゃれさを格段に上げる、おすすめ電気ケトル特集。

材料

  • ティーバッグか茶葉
  • 熱湯
  • ライチ(生でも冷凍でも可)
  • 砂糖

とてもシンプルな材料で作れる。

作り方

  1. まず、ティーバッグか茶葉で紅茶をつくる
  2. 生でも冷凍でも、ライチの皮を剥いておく
  3. 果実に冷ました紅茶を加えて、冷蔵庫で1時間冷やす
  4. ライチと紅茶をコップに注いで、おこのみで砂糖を足す

レモンを絞っても美味しい。  

えいこく屋
ライチティー
80g
出典:www.amazon.co.jp
最終更新日:2017/02/11