ケニア紅茶のすべて。紅茶の特徴や美味しい飲み方をご紹介。

ティーパック

この記事では、アフリカ紅茶の一種である「ケニア紅茶」について解説します。 「ケニア紅茶」の茶葉の特徴やおすすめの飲み方、産地の情報ついてご紹介します。 この記事でご興味を持って頂き、実際に紅茶をご賞味頂ければ幸いです。 

ケニア紅茶の基礎知識

ケニア紅茶の、茶葉の特徴は?

ケニア紅茶とは、アフリカ地方で栽培されている茶葉。 茶葉は、やや黒みをおびた褐色をしており、紅茶を淹れると、やや暗い赤色になる。

適度なコクと香りの、バランスが良い紅茶です。 爽やかで、渋みは強めですが飲みやすい。 キャンディ紅茶などと同じで、生産地の名前が銘柄の冠に付かない紅茶。 生産された茶葉のほとんどが、ティーバッグ用の茶葉として利用されている。

  • 香り:普通の強さ
  • コク:やや強め
  • 渋み:やや強め
  • 水色」やや強め

ケニア紅茶に、カフェインはある?

基本的に、紅茶にはカフェインが含まれている。 カフェインが気になる方は、飲み方を工夫すると良い。

例えば、「ケニア紅茶」は茶葉が濃くミルクティーとして飲んでも、香りが負けない。 ミルクを多めにすると、カフェインも抑えることができる。 ストレートで飲むときは、抽出時間を減らすなど、工夫次第でカフェインとも上手く付き合える。

ケニア紅茶の分量と抽出時間は?

まず、カップ1杯に入れる分量は、2~3gを目安に。 濃く入れすぎると、渋みがでるので、注意が必要。 紅茶に入れてからの抽出時間は、3分弱で、きちんと計測すると良い。

ケニアのおすすめの飲み方は?

ケニア紅茶は、前述のとおり、濃くや渋み、香りが強い紅茶なので、ミルクに負けずにきちんと味が出る。 そのため、ミルクティーにおすすめの茶葉だ。

アフリカンスクエアー
ケニア山の紅茶
200g
出典:www.amazon.co.jp
セレクティー
ケニアCTC紅茶
500g
出典:www.amazon.co.jp

ケニア紅茶の種類と淹れ方

紅茶を淹れるアイテムについては、下記記事を参考いただきたい。

>>おすすめ紅茶ティーポット&選び方
>>おすすめ耐熱ガラスティーポット特集
>>おすすめシュガーポット/ミルクポット特集
>>おしゃれさを格段に上げる、おすすめ電気ケトル特集。

ケニアCTC BOP

粒子が細かく作られた茶葉は、強い渋みと濃厚な旨味を演出する。 ティーバッグでよく飲まれている茶葉だ。

  • 香り:弱め
  • コク:弱め
  • 渋み:やや強め
  • 水色:やや強め 

ケニアCTC OF

先程の茶葉よりもメッシュが大きく、味が出やすい。 渋みは中程度で、甘さもある。 オーソドックスな味で、個性は弱め。

  • 香り:やや弱い
  • コク:弱い
  • 渋み:普通
  • 水色:普通 

ケニア紅茶の歴史

ケニア地域とは

ケニア地域は、東アフリカの赤道直下に位置している。 周りには、ウガンダ・タンザニア・マラウイなどの国に囲まれる。 インド洋にも面しており、高温多湿の気候。

国土の大半は標高が1100m~1600mと比較的高い、高原地帯。 ケニア紅茶がある茶畑は、標高1500m~2700mのところにある。 雨期も度々あるが、標高が高いため、大きな影響はない。

ケニア紅茶の茶葉のシーズンとは

ケニア紅茶は、年間を通じて生産されている。 製造方法は、かつてオーソドックス製法でしたが、今はCTC製法が多く生産されている。 CTCではティーバッグに適した、BP・PF・PDと呼ばれる比較的細かめの茶葉で生産が行われている。

ケニア地域の歴史とは

ケニアの周りの地域はかつて、アジアやヨーロッパの国々に支配されていた。 しかし19世紀頃、現在の国土のほとんどが、イギリスの保護領となり、やがて植民地となった。 世界大戦を経て、1964年にケニア共和国として独立した。 ケニアには、「紅茶開発局」なるものがあり、ケニアの小規模農園の60%は茶葉をせいさんするまでになっている。

最終更新日:2017/02/10