実機レビュー有|SIMフリーの格安スマホおすすめ機種、厳選10選【2018年夏】

スマホ

SIMフリーでおすすめのスマホを2018年夏モデルと定番モデルでランキング形式でご紹介します!SIMフリースマホを探している方の参考に慣れば幸いです。

SIMフリー格安スマホ最新おすすめランキング【2018年夏モデル】

1位 HUAWEI P20

HUAWEI
ファーウェイ
HUAWEI P20
出典:www.amazon.co.jp

HUAWEI P20はiPhoneXと似たような外観をもつ機種。

RAMは4GB、カメラの性能がかなりよく人気の高いスタイリッシュなモデルとなる。

iPhoneXがほしいけど、高いしそこまで性能はいらないという方におすすめ!

2位 ASUS ZenFone 5Z

ASUS
アスース
ZenFone 5Z
出典:www.amazon.co.jp

ASUSはパソコンのマザーボードやグラフィックカードなどの製造で有名なメーカーで、ZenFoneはガジェットマニアにはいつも注目されている。

ZenFone 5Zはシリーズの夏モデルでありハイエンドモデルとなっており、内蔵RAM、CPUの性能がとても良く単純にハイスペック。

3位 MOTOROLA moto g6 Plus

MOTOROLA
モトローラ
moto g6 Plus
出典:www.amazon.co.jp

MOTOROLAはアメリカのメーカーであり、携帯電話の頃からクールなデザインとロゴで人気が高い。

moto g6 Plusはmotoシリーズのなかでは画面が大きく、CPUやRAMの性能もそこそこ良い。

4位 HUAWEI P20 lite

HUAWEI
ファーウェイ
HUAWEI P20 lite
出典:www.amazon.co.jp

P20 liteはP20の低価格帯バージョンで、内蔵メモリ(ROM)が32GBとなっている。カメラの性能もダウンしており、その部分価格がグッと抑えられている。

5位 HTC U12

HTC
HTC U12
出典:www.amazon.co.jp

HTC U12はRAM6GBでCPUの性能もよいがそれだけでなく、片手で操作しやすいように「スマホを握る」「スマホを持つ」「ダブルタップ」などのアクションが加えられている。

カメラの性能、サウンド再生機能も良く出来ており、全体的にかなりハイスペックな内容にまとまっている。

SIMフリー格安スマホ定番おすすめランキング 

【筆者所持機】HUAWEI nova lite

huawai nova lite

HUAWEI
ファーウェイ
HUAWEI nova lite
出典:www.amazon.co.jp

HUAWEIのnovaシリーズは性能をそこそこに、低価を実現したコストパフォーマンス重視のモデルとなる。

重いゲームアプリを動かすわけでもなければ、RAMが3GB、CPUもそこそこなので特に不満も感じないだろう。

1年ほど使用しているが、動作は軽快で軽くゲームなども楽しめている。

1位 HUAWEI Mate 10 Pro

HUAWEI
ファーウェイ
HUAWEI Mate 10 Pro
出典:www.amazon.co.jp

HUAWEIのなかでもMateシリーズはハイエンドなモデルにあたる。内蔵メモリ6GBでCPUの性能もよく、同社で性能を重視するなら最もおすすめできる端末。

2位 ASUS ZenFone 5Q

ASUS
アスース
ZenFone 5Q
出典:www.amazon.co.jp

5QはZenFone5のなかでも、セルフ撮影(自撮り)に趣きをおいた機種だ。背面だけでなく正面もデュアルカメラを搭載しており、綺麗に美しく撮影、背景をぼかしたりも出来てしまう。とにかく自撮りの多い人におすすめできる機種。

3位 Sony Xperia XZ

SONY
ソニー
Sony Xperia XZ
出典:www.amazon.co.jp

Xperiaシリーズは常にハイエンドなスペックを誇っているが、こちらは最新機種のXZ2より1つ前の機種。Xperiaが大好きだがXZ2は価格が高すぎるという場合、こちらがリーズナブルでおすすめできる。

4位 HUAWEI P10 lite

HUAWEI
ファーウェイ
HUAWEI P10 lite
出典:www.amazon.co.jp

HUAWEIのPシリーズにおいて、最新のP20より一つ前の機種の廉価版となるのがP10 lite。廉価版といってもRAMは最新機種のP20 liteとおなじく4GBある。

最も大きな違いはディスプレイの形でこちらはiPhoneXよりもiPhone8に近い。

SIMフリー格安スマホ選び方

CPU

CPUは高性能であるほど処理速度が早くなり、重いアプリもサクサク動く。

値段に最も影響しやすいパーツの一つで、低価格なのに高性能のCPUを積んでいる機種はほぼないし、高価格なのに最低なCPUを積んでいる機種もほぼ無い。

2018年現在では、独自のCPU型番をもつファーウェイ以外では、Snapdragon845がハイエンド、Snapdragon835や630、625などが続く。

RAM/ROM

RAMはアプリを同時にいくつか起動させるのに必要なパーツで、2018年夏の最新モデルであれば4GB以上が定番、6GB積んでいればハイエンドとなる。

実はCPU以上に操作感に影響を与えやすく、メモリが少ないとさほど重たくないアプリでもいくつか起動するとモッサリする。

現状では3GB以上がおすすめで、将来性を考えると1~2GBなどのモデルは選ばないほうが良いだろう。

ディスプレイサイズ

ディスプレイサイズは視認性に大きく影響を与える。2018年現在は5.8~6インチ程度が主流で5インチ以下はかなり小型、6.2インチを超えるようならわりと大きなディスプレイといえる。

バッテリー

バッテリーの容量が大きければ、それだけ長い時間スマホが動作するので重要な項目ではある。ただメーカーやCPU、内部構造によって電力の減りは異なるので、容量が大きいからといって他より必ず優れているとは限らない。

ただ主流は3000~3200mAh程度で、それより大きければバッテリー容量多め、3000を切るようであれば、バッテリーが少なめといえるだろう。

カメラ

カメラは画素数である程度のスペックを予想できるが、高い画素数であれば写真も綺麗…とは限らない。

流行りのデュアルカメラなのか、シングルカメラなのか、レンズサイズが大きいのか小さいのか、そもそもカメラにこだわりのある機種なのかなど、こだわろうと思うと見るべき点が多い。

単純に言えばシングルよりデュアル、カメラのレンズは大きいほうが高性能になりやすいし、公式サイトにカメラの高機能さが売りと書かれているなら信用しても良いかもしれない。

またカメラとは直接関係ないが、解像度が高く大きなディスプレイだと、写真の細部まで見えてしまって逆に美しく感じないかも。

ただSNSにアップした写真は、自分のディスプレイサイズとは関係ない(実際の写真の画質や見る人のスマホによる)ので、気にしなくても良い。

SIMフリー格安スマホ比較表

機種/項目 売価目安 内蔵メモリ(ROM・RAM) バッテリー 画面サイズ 撮影画素数(背面・前面)
HUAWEI P20 64,637円 128GB/4GB 3400mAh 5.8インチ 1200万画素/2400万画素
HUAWEI P20 lite

29,499円

32GB/4GB 3000mAh 5.84インチ 1600万画素/1600万画素
HUAWEI Mate 10 Pro 68,500円 128GB/6GB 4000mAh 6インチ 1200万画素/800万画素
HUAWEI P10 lite

23,398円

64GB/4GB 3000mAh 5.1インチ 1200万画素/800万画素
HUAWEI nova lite 19,800円 16GB/3GB 3000mAh 5.2インチ 1200万画素/800万画素
ASUS ZenFone 5Z 72,543円 128GB/6GB 3000mAh 6.2インチ 1200万画素/800万画素
ASUS ZenFone 5Q 39,436円 64GB/4GB 3300mAh 6インチ 1600万画素/2000万画素
HTC U12 101,666円 128GB/6GB 3500mAh 6インチ 1200万画素/800万画素
MOTOROLA moto g6 Plus 28,264円 64GB/4GB 3200mAh 5.93インチ 1200万画素/1600万画素
Sony Xperia XZ 33,720円 64GB/4GB 3230mAh 5.5インチ 1920万画素/1920万画素
最終更新日:2018/09/03