おすすめのiPhone SE用ケースをご紹介。手帳型や防水型など人気モデルを厳選

iPhoneSE

iPhone SE用ケースや手帳型やバンパー型など様々なタイプの製品が販売されています。その中でもおすすめのケースをタイプ別に、防水性能や頑丈さ、デザイン性など様々な切り口でご紹介し、その選び方についても解説します。

おすすめのiPhone SE用ケース

頑丈な耐衝撃ハードケースでしっかり守る

Spigen Rugged Armor

Spigen
シュピゲン
Rugged Armor
ラギッドアーマー
出典:www.amazon.co.jp

米軍軍事規格である「MIL-STD 810G-516.6」をクリアした、スタイリッシュかつメカニックなデザインが魅力的なケース。

高い耐衝撃性能をもちながらも、特殊なTPU素材を採用することで柔軟かつ変形しにくい構造だ。

そしてエアクッションテクノロジーで衝撃吸収するので、デバイスへのダメージは最小限に抑えられる。

ぴったりの端末にフィットするので、捜査官も損なわれないおすすめの耐衝撃ケースだ。

お風呂やアウトドア利用にはiPhone SE防水ケース

LIFEPROOF FRĒ iPhone SE/5s/5

LIFEPROOF
ライフプルーフ
FRĒ for iPhone SE/5s/5
防塵防水耐衝撃ケース
出典:www.amazon.co.jp

防水ケースで全米No.1セールスを誇る米国ブランドLIFEPROOFの最高品質のiPhoneSE用防水ケース

スタイリッシュなデザインからは想像できないIP68という高い防塵、防水、防雪性能を誇る。

そして厳しい米軍軍事規格「MIL STD 810F-516」をクリアし高さ2mからの落下に耐える耐衝撃性能を有している。

堅牢な性能でありながらも、スタイリッシュで軽量なデザインで普段使いでも邪魔にならない点が素晴らしい。

またイヤホンジャックやLightningコネクタといった端子カバーもそれぞれ独立しており、使い勝手がよい。

海やプール、工事現場などあらゆるハザード環境で使える秀逸な製品だ。

オプション:LifeJacket

LIFEPROOF
ライフプルーフ
LifeJacket
浮き輪ケース
出典:www.amazon.co.jp

ユニークなiPhone用のライフジャケット。LIFEPROOFのFRĒやnüüdケースの上から装着するオプションだ。

LIFEPROOF社ケースを他製品と大きく差をつける「浮くケース」にすることができる。

ラフティングをしたり、お風呂に入ったり、釣りをするとき、万が一iPhoneを落としてしまっても、優れた浮力をもつLifeJacketがあれば沈まない。

耐衝撃性能も優れており、工事や石油採掘の現場や、船上などでも大活躍間違いなしだ。

普段使いには少々サイズが大きくなってしまうが、海の上にiPhoneを落としても良いという安心感は何にも代えがたいものがあり、最も利用シーンを拡げられるケースの1つだろう。

使い心地のよい、軽量で薄いiPhone SEケース

PowerSupport AirJacket

PowerSupport
パワーサポート
AirJacket
エアージャケット
出典:www.amazon.co.jp

iPhoneの外観をそのままに、しっかりと保護できるジャケットタイプのケース。

装着していることを忘れてしまうような薄さ、軽さが特長だ。

エアージャケットケースで世界的にトップクラスのセールスを誇るパワーサポートの安心の品質で、美しくiPhoneを守ろう。

シンプルに保護、アルミ合金バンパーケース

SQUAIR
スクエア
超々ジュラルミンバンパーケース
Made in Japan
出典:www.amazon.co.jp

超々ジュラルミン*を採用した高品位なバンパーケース。

バンパー本体の重量は、わずか18gと驚愕の軽さ。

特殊な電解塗装で金属とは思えないしっとりとした手触りを実現しており、汗が瞬時に蒸発するため指紋も残りにくい。

Made in Japanの高い技術力を用いた、美しいバンパーケースだ。

バンパーケースは相性のよいバンカーリングとの併用もおすすめしたい。

*住友金属工業が開発し零式艦上戦闘機で仕様された、JIS規格でいうA7075に当たるアルミニウム合金。

こだわりを見せる、木製のiPhone SEケース

TaoTech 天然木製ケース

TaoTech
天然木製ケース
TPU素材ハイブリッド
出典:www.amazon.co.jp

TPU素材のソフトケースをさらに天然木で覆った木製ケース。

ウッドカバーケースは多くの製品が販売されているが、TPU素材とのハイブリッドにすることにより、滑りにくい使いやすさを実現している。

樺桜や胡桃など、素材も様々な木の種類を選べる。

定番のiPhone SEケース

iFace First Class

iFace
First Class
出典:www.amazon.co.jp

iFaceの人気定番ケース、First Class。

若い世代を中心に、優れたデザイン性で人気を集めている。

耐衝撃性もあり、ストラップホールを設けているなど、実用性も高いケースだ。

他にもカードが収納できるモデルや、さらにデザインにこだわりテクスチャパターンを加えたモデル、コラボモデルなどが存在する。

偽物も出回っているため正規代理店による製品であることを確認しよう。

美しいスタイリッシュなiPhone SEカーボンケース

CASE-MATE Crafted Case Carbon Fiber

CASE-MATE
ケースメイト
Crafted Case Carbon Fiber
カーボンファイバー素材採用
出典:www.amazon.co.jp

北米CASE-MATE社による、背面プレートにリアルカーボンファイバー素材を採用した高級感あるケース。

カーボンファイバーなので軽量で頑丈だ。

見る角度によっても模様の光沢が異なり、非常に美しい仕上がりになっている。

シンプルで美しいデザインのケースを求める方におすすめだ。

iPhone SEレザーケースは本革で

NeedNetwork 手帳型本革ケース

NeedNetwork
ニードネットワーク
手帳型本革ケース
出典:www.amazon.co.jp

牛革を使用した本格的なハンドメイドレザーケース。

使い込むほど手に馴染み、色合いや柔らかさなどのエイジングを楽しむことができる。

PUレザーとは違う上質な本革製で、自分だけのケースを育てよう。

カード収納は欠かせない、iPhone SE手帳型のブランドケース

Harris Tweed 手帳型ケース

MONOJOY
モノジョイ
手帳型ケース
Harris Tweed生地
出典:www.amazon.co.jp

Harris Tweed生地を使用した、上品な手帳型ケース。

マグネット式の手帳型なので安心してiPhoneを持ち歩くことができる。

収納ポケットは3つと、カードが多い方にも納得の行く収納力だ。

D環(金属リング)が付いているのでストラップなども付けられる。

老若男女問わないデザインで、プレゼントにも最適だ。

iPhone SEディズニーキャラクターケース

Ray Out 手帳型ホットスタンプレザーケース

Ray Out
レイアウト
手帳型ホットスタンプレザーケース
ミッキー
出典:www.amazon.co.jp

シックなレザーブックケースに、ディズニーキャラクターを銀箔押しした、高級感ある大人っぽいケース。

人気のミッキー、ミニー、ドナルドの3キャラクター展開。

内側のポケットにカード類を収納でき、そのポケットもキャラクターシルエットを象っており洒落ている。

ディズニーファンへのプレゼントにも最適な製品だろう。

優しく保護する、iPhone SEシリコンケース

(*)speck iPhone Case

(*)speck
スペック
iPhone Case
5/5s/SE向け
出典:www.amazon.co.jp

ポリカーボネートやシリコンのハイブリッド構成でできた、シェルケース。

内側がシリコンとなっており、優しくiPhoneを保護する。

外側シェルはハード仕様となっており、すっきりとした見た目でiPhoneのデザイン性を損なわない。

シンプルを極める、iPhone SE純正ケース

Apple純正ケース

Apple
アップル
Apple純正ケース
ブラックレザー
出典:www.amazon.co.jp

Apple純正ケースは同社らしい非常にミニマルなデザインが魅力的だ。

薄型で高級感があるレザー製で、余計な機能は一切ついていない。

ミニマリストにおすすめのケースだ。

iPhone SEケースを選ぶポイント

対応するiPhoneのサイズは?

iPhoneSEはサイズがiPhone5、iPhone5sと同じなので互換性がある。

5cについては形状が異なるので互換性がないと覚えておこう。

モデル 寸法(縦x横x奥) 画面サイズ
iPhone 5 123.8 x 58.6 x 7.6 mm 4インチ
iPhone 5s 123.8 x 58.6 x 7.6 mm 4インチ
iPhone 5c 124.4 x 59.2 x 8.97 mm 4インチ
iPhone SE 123.8 x 58.6 x 7.6 mm 4インチ

防塵防水性能の見方

メーカー判断で防塵防水対応を謳っているだけでなく、正式に国際標準の防塵防水基準を満たしていることを確認しよう。

対応レベルは「IP」コードから判断できる。IPに続く1つ目の数字が防塵性能、2つ目の性能が防水性能、「X」は検査省略記号だ。

具体的に、IP56や、IPX4という表記がなされる。

保護等級 防塵性能
IP0X 特に保護がされていない
IP1X 直径50mm以上の固形物が中に入らない(握りこぶし程度を想定)
IP2X 直径12.5mm以上の固形物が中に入らない(指程度を想定)
IP3X 直径2.5mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない
IP4X 直径1mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない
IP5X 有害な影響が発生するほどの粉塵が中に入らない(防塵形)
IP6X 粉塵が中に入らない(耐塵形)
保護等級 防水性能
IPX0 特に保護がされていない
IPX1 鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
IPX2 鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
IPX3 鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
IPX4 あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
IPX5 あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
IPX6 あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
IPX7 一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
IPX8 継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

▲ 出典:Wikipedia

最後に

iPhone用ケースは非常に多くの製品が販売されているが、その中でもおすすめのモデルを厳選セレクトした。

iPhone5〜iPhoneSEはサイズ互換性があることから、特に選択肢も多いのでどれを選べばよいのか迷ってしまいがちだ。

本記事がケース選びをする上で参考になれば嬉しい。

最終更新日:2018/09/25