【2018完全版】iPhone対応スマートウォッチの最高傑作5選

今回はスマートウォッチはiPhone対応のスマートウォッチの選び方やおすすめ製品をご紹介します。スマートウォッチがあればスマホがより便利になり、デジタルライフがより快適になることでしょう。

スマートウォッチ最新ニュース

スマートウォッチでできること

スマートウォッチで出来る事は機種により様々だが、基本的な機能で特に便利なのは以下。

アラーム機能

スマホでタイマーを設定していたのに、振動や音に気付かなかったなんてことはないだろうか。

スマートウォッチを使えば、手首が震えるので見逃すことはまずなくなるだろう。またバイブレーションだけの目覚ましにすれば、自分の腕だけが震えて起されるので、家族を起さずに自分だけ起きるということも出来る。

メール着信・電話着信

バイブレーション着信にしている場合、メールや電話着信に気付かない事も多い。

そのせいで恋人や友人、家族に「電話やメールをしたのに気付かなかったの?」と怒られた事はないだろうか。この点についてもアラームと同様、自分の手首が震えて着信するので、見逃すことはなくなるはずだ。

また、バッグからスマホを取り出さなくても、「誰から着信があったのか」「メールの件名や送り主」などが判断できるので、とても便利だ。

スケジュール管理

殆どのスマートウォッチはiPhoneのカレンダー(スケジューラー)と同期しているため、iPhoneのカレンダーでスケジュールを入力しておけば、スマートウォッチが日時や内容を教えてくれる。

スマホを無くした時に役立つ

iPhoneの場合、iPadなどをもっていれば、無くしたiPhoneの位置を直ぐに調べ、アラームを鳴らすことが出来るが、常にiPadを持っているとは限らない。スマートウォッチを装備していれば、スマートウォッチからもiPhoneの位置を探し出す事が出来るし便利だ。

iTunesのリモコンになる

iTunesで音楽を聴いている時、手元にリモコンが欲しいと思ったことはないだろうか。スマートウォッチをリモコンにすれば、バッグやポケットからスマホを取り出すこと無く操作できるので、非常に便利だ。

その他

上記以外にも出来る事は沢山ある。詳細な天気予報や最新ニュースのチェック、機種によっては心拍数を計ったり、お財布ケータイになったりするものもある。いずれにしても自分が欲しいアプリや機能はいくつかあるだろうし、非常に役立つ。

しかしやはり、スマートウォッチの基本は、着信(メール・電話)、アラーム、スケジューラー、スマホサーチ、iTunesリモコンの5大機能だろう。このうち1つでも「ありがたい!」「便利そう!」と思うならスマートウォッチは必要なアイテムかもしれない。

Apple Watchはどうなってる?最新情報まとめ

iPhoneのスマートウォッチといえば、代表的なのはやはりApple Watch。

Apple WatchはSeries 3(3世代目)になっており、Cellularモデルを使えば、Apple Watch単体で通話も可能となっている。またSuicaを使う事ができるので、Apple Watchをかざすだけでコンビ二で買い物したり、電車やバスの運賃を支払う事ができる。

元々デザイン性にすぐれているApple Watchだが、2018年に入って、更にバンドの新色や新しいデザインモデルが登場しており、選択肢の葉幅が広い。

Apple Watchはスマートウォッチの中でも非常に高価だが、その分の使いやすさやデザイン性を兼ね備えている。

iPhone対応 スマートウォッチおすすめ5選

Apple Watch Series 3

Apple
アップル
Apple Watch Series 3
アップルウォッチ
出典:www.amazon.co.jp

Apple Watchの最新モデルであり、高性能な機種。セルラーモデルを選べば単独で通話が可能だし、SUICA決済もできる。

iPhone用のスマートウォッチとして設計されているため、とにかくiPhoneとの相性がよく、操作性も抜群に良い上、正方形モデルの中では群を抜いてファッショナブルだ。

Apple Watch Series 1

Apple
アップル
Apple Watch Series 1
アップルウォッチ
出典:www.amazon.co.jp

Apple Watchの第一世代となるSeries 1。「初期型の古いモデルじゃないか!」とおもうかもしれないが現在も公式に販売しているし、Series 3よりずっと安い。元々Apple Watchはスマートウォッチの中では充分すぎるほど高性能なので、Series 1でも充分活躍してくれる。

スマートウォッチとしての基本的な機能があればいいというのであれば、かなりおすすめ。

Fitbit IONIC

Fitbit
フィットビット
IONIC
健康・フィットネス
出典:www.amazon.co.jp

IONICはフィットネスや健康に関する機能に優れている。

心拍数、正確なカロリー把握、睡眠時間や睡眠時の状態チェックから、プールでのカロリー計算、ラップカウントや水泳データの保存などまで出来る。

音楽ファイルも本体に保存が出来るので、ランニング時の音楽再生にも便利。

ASUS VIVO Watch

ASUS
エイスース
VIVO Watch
スマートウォッチ
出典:www.amazon.co.jp

カロリー計算や脈拍、睡眠時間や熟睡度を測ってくれる健康維持に助かる機能や、防水機能が搭載されている上、かなりお値段が手ごろ。

高性能といえるスマートウォッチの中では最もコストパフォーマンスに優れた機種の1つで、おすすめ。

GARMIN fenix5

GARMIN
ガーミン
fenix5
フェニックス5
出典:www.amazon.co.jp

GPS機能に優れ、フィットネス・健康維持の機能も豊か、ゴルフのコースデータをインストールできたりする上、見た目がシックでスーツにも合う。

スポーツ好きなサラリーマンにオススメしたい高級なスマートウォッチ。

iPhone対応 スマートウォッチの選び方

OSの種類

OSについてはAppleのwatchOSとGoogleのAndroid Wearが一般的だ。

注意したいのは、Android WearでもiPhoneとリンクできる製品が多く、「iPhone対応」と記載されている製品がとても多いこと。しかしAndroid Wear搭載のスマートウォッチは、iPhoneで使うといくつかの機能が制限される可能性がある。

そのため、watchOSかAndroid Wearは確認し、Android Wearの場合は、使えない機能がないかチェックしておこう。

よくわからない方は、watchOSのほうが無難だ。

ディスプレイの形状

ディスプレイの形状は、大きく分けると、正方形、円形、小型の3タイプがある。

正方形タイプ

正方形タイプは、最も操作しやすく、操作できる範囲も広い。ただいかにもスマートウォッチっぽいデザインとなっているものが多く、機種によっては明らかに普通の時計とは違う。男にとっては機能的で使いやすくカッコイイと思えても、女性から見るとダサいと思われかねないので注意。

妻や彼女、女友達に「カッコ悪い」「玩具みたい」と言われかねないので、デザイン性はしっかり吟味しておこう。

円形タイプ

円形タイプは正方形と比べると若干ディスプレイが小さい。しかし小さいが故に主張しないし、従来の腕時計と形状が似ており、良い意味でスマートウォッチらしさが薄い。機能は最低限で良い場合や表示される情報量(メールやニュースなど)は気にしない方はこちらの方が無難かもしれない。

小型タイプ

ブレスレットのような形状や、時計のバンド部分に機能が集約されているモデルもある。特に時計のバンド型は、時計自体はなんでもいいので、手持ちの時計や、デザイン性の優れた一般的な時計を使える。

ただしディスプレイがとても小さいので、アラームや着信程度にしか使えないものが多い。

スペック

スペックを見る基本は「CPU」「メモリ(RAM)」「保存容量(ROM)」の3つだ。

CPUとメモリ(RAM)に関しては、スマートウォッチなのだから少々性能が悪くてもいいだろうと思うかもしれないが、CPUやメモリがそこそこ良くないと、アプリが滑らかに動かず、ストレスがたまる。

「保存容量(ROM)」に関してはアプリをインストールする領域や、iPhoneを通さずに直接音楽ファイルを入れておくときに必要となる。

耐久性・防水性能

耐久性や防水性能は一般的な時計と同じく非常に重要だ。アウトドアで使うならどちらも重要だし、生活用にしても防水機能くらいは欲しい。

+αを見極めよう(便利機能の有無)

多くのスマートウォッチは、個性を出すために独自のアイディアや機能を装備している物が多い。

例えばG-SHOCKで有名なCASIOは高性能なGPS機能、iPhone圏外でも使えるオフラインマップにくたえ、耐久性と防水性能がずば抜けている製品を販売している。

スポーツ用に特化して脈拍や消費カロリー、血圧などを表示してくれるスマートウォッチもある。

ポイントはアウトドア用なのか、スポーツ用やビジネス用なのか、オールマイティで無難なバランス型が良いのか、自分にあったタイプを見極める事だ。

最終更新日:2018/09/25