各タイプ紹介|おすすめのiPad Pro 12.9インチ用ケースランキング2018

iPad Pro 12.9 ケース

iPad Proは持ち運び時の安全性や、利便性の観点から専用ケースを使うことをおすすめします。今日ではキーボード付きから、防水型、シリコン製まで様々な種類の専用ケースが流通しています。その中でもおすすめのおしゃれで実用的なiPad Pro用ケースをご紹介していきます。

おすすめのiPad Pro 12.9インチ用ケース

自由研究社のセレクト

Logicool CREATE iPad Pro キーボードケース

Logicool
ロジクール
CREATE iPad Pro キーボードケース
バックライト付き
出典:www.amazon.co.jp

アルミボディでAppleデバイスとマッチする、シンプルさが魅力的のキーボード一体型ケース。

iPadをタイピングポジションにセットするだけで、自動的にキーボードがオンになり、SmartConnector経由で給電しながら、Bluetoothペアリングもなしですぐに使用することができる。

別途電源ケーブルを用意する必要もなく、完全ワイヤレスで持ち物もコンパクトに収まる、まさにAppleのミニマルを追究するコンセプトにマッチしたキーボード一体型ケースだ。

そのキーボードもフルサイズでタイプしやすく、バックライトも搭載しており使いやすい。スタンド傾斜は2段階でタイピングモードと表示モードを有している。

背面は撥水性があり水滴や汚れがつきにくい。

デザイン性と機能性を兼ね揃えた非常に高品位な製品に仕上がっている。

第2位:防水ケースならCatalystシリーズ

Catalyst for iPad Pro 12.9inch

Catalyst
カタリスト
Catayst for iPad Pro 12.9inch
防塵防水防雪耐衝撃/IP68準拠
出典:www.amazon.co.jp

LIFEPROOFに並ぶ、もう1つの防水ケースの人気ブランドCatalystの防水ケース。

IP68準拠の完全防水ケース。

タッチID(指紋認証)やサウンド再生にも対応し、使い勝手を損なわないiPad用防水ケース

お風呂での利用、マリンスポーツと共に、または粉塵の多い工事現場やアウトドアでの利用で活躍すること間違いなしだ。

第3位:耐衝撃シリコンケース

Poetic
Turtle Skin
for iPad Pro 12.9in
出典:www.amazon.co.jp

PoeticのTurtleSkinシリーズのiPad Pro 12.9インチ向けモデル。

シリコン製ボディで衝撃吸収をする頑丈なケース。

塞がれがちなスピーカーも、しっかりとサウンドが広がるようスペースが確保されている。

人間工学に基づいて設計されたサイドグリップで、持ち心地もよい。

Apple Pencil用ホルダーも付属する。

第4位:手帳型レザーケース

JISONCASE レザーケース

JISONCASE
レザーケース
オートスリープ対応
出典:www.amazon.co.jp

オートスリープに対応したレザー製スマートカバー。

フリップノート型の様にカバーを折りたためるので、様々な角度でスタンドを立てられる。

レザーはPUレザーで、縫製もハンドメイドでしっかりとした、高級感ある質感だ。

第5位:ショルダーストラップ付き肩掛けケース

FYY 本革ハンドメイド肩掛けケース

FYY
本革ハンドメイド肩掛けケース
ショルダーストラップ付き
出典:www.amazon.co.jp

原皮の味わいを堪能できる、本革仕様のハンドメイドケース。

ショルダーストラップのほか、ハンディストラップも搭載しており、手持ちの際の安定感も抜群だ。通勤通学の電車内などでも使いやすい。

小物収納ポケット、カードケースもあり、ケーブルなどの持ち運びにも便利だ。

シックなデザインも然ることながら機能性も高いため、ビジネスシーンでも活躍する。

第6位:フェルトスリーブケース

Inateck フェルトスリーブケース

Inateck
フェルトスリーブケース
ポケット付き
出典:www.amazon.co.jp

イヤホンケースなどの小物入れからPCケースまで展開があるInateckのフェルトケース。

本製品はiPad Pro 12.9インチがちょうど収まる程度のサイズ。ポケットに小物も収納できる。

デバイスに優しい生地の、老若男女問わないおしゃれなケースでiPadを持ち歩いてみてはどうだろうか。

第7位:薄型軽量ケース

ATiC 薄型フリップノートケース

ATiC
薄型フリップノートケース
ハンドベルト/ペンホルダー付き
出典:www.amazon.co.jp

ATiCの薄くて軽いフリップノートタイプのiPadケース。

リーズナブルな価格ながら、シンプルなデザイン、そしてフリップスタンドやハンドベルト搭載、さらにオートスリープにも対応しており機能性は抜群だ。

その上、非常に薄く軽量設計なので、通勤時に片手でもったり、毎日の利用には最適な製品だろう。

第8位:純正ケース

Apple Smart Cover

Apple
アップル
SmartCover
純正/オートスリープ対応
出典:www.amazon.co.jp

見落とせないのがApple社純正のスマートカバーケース。

軽くて上部なフリップタイプのカバーで、アップリらしいシンプルなデザインが魅力的だ。

飾らずシンプルさを極めるなら純正という選択もありだろう。

iPad Pro用ケース選びのポイント

iPad Pro 12.9インチに合うサイズを

iPad Pro には2種類のサイズがあるので、対応インチを間違えないようにされたい。

また、汎用的なケースを用いる際も、縦横、厚みの寸法を確認して、きっちり収まることを確認しよう。

▼ (参考)比較されやすいiPadの寸法表

モデル 寸法(縦x横x奥)[mm]
iPad Pro 12.9インチ 305.2 x 220.6 x 6.9
iPad Pro 9.7インチ 240 x 169.5 x 6.1
iPad Air 2 240 x 169.5 x 6.1

防塵防水性能が必要か?

もし風呂場やアウトドア、プールでの利用などを検討しているなら、メーカー判断で防塵防水対応を謳っているだけでなく、正式に国際標準の防塵防水基準を満たしていることを確認しよう。

対応レベルは「IP」コードから判断できる。IPに続く1つ目の数字が防塵性能、2つ目の性能が防水性能、「X」は検査省略記号だ。

具体的に、IP56や、IPX4という表記がなされる。

保護等級 防塵性能
IP0X 特に保護がされていない
IP1X 直径50mm以上の固形物が中に入らない(握りこぶし程度を想定)
IP2X 直径12.5mm以上の固形物が中に入らない(指程度を想定)
IP3X 直径2.5mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない
IP4X 直径1mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない
IP5X 有害な影響が発生するほどの粉塵が中に入らない(防塵形)
IP6X 粉塵が中に入らない(耐塵形)
保護等級 防水性能
IPX0 特に保護がされていない
IPX1 鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
IPX2 鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
IPX3 鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
IPX4 あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
IPX5 あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
IPX6 あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
IPX7 一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
IPX8 継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

▲ 出典:Wikipedia

最後に

いかがだろうか。

落下時の故障軽減、画面の傷つき防止のため、もしくはiPadスタンドとして使うためなど、iPadの利用にはケースの併用がかかせない。

そのケースを選ぶ際は自身の主要な利用シーンをイメージして、目的に沿った製品を選ばれたい。

本記事が選ぶための助けになれば幸いだ。

最終更新日:2018/09/25