6/16発売!格安ロボット掃除機DEEBOTにゴミ捨て機能搭載モデルが登場!「DEEBOT R98」

DEEBOT R98 ロボット掃除機

低価格帯のロボット掃除機の中でも、実力派と言われている「DEEBOT」。2017年6月16日に同シリーズから、ゴミ自動回収機能搭載の新モデルが発売されるということで、気になるスペックを調査してみました!

ロボット掃除機「DEEBOT R98」の特徴は?

実は、「DEEBOT R98」を発売する家庭用ロボットメーカー「ECOVACS」は、ロボット掃除機の世界シェア第二位。今回は、ハンディ掃除機とゴミ自動回収の機能を搭載した床用ロボット掃除機「DEEBOT R98」の全貌に迫る。

関連記事:ロボット掃除機おすすめ8社をコスパと付加機能で比較。ランキング形式でご紹介

目玉機能は、ゴミ捨て不要の「ゴミ自動回収機能」

「DEEBOT R98」は、ロボット掃除機としてハンディ掃除機の役割を果たす他、天井や細かい家具の隙間を掃除できたり、床の掃除を終えて充電ドックに戻ると、ドックに設置したハンディ掃除機へ自動でごみが回収される「ゴミ自動回収機能」が搭載されている。

この「ゴミ自動回収機能」により、面倒なロボット掃除機のゴミ捨てが軽減される。筆者もロボット掃除機を所持しているのだが、数回に一回はごみ捨てをしなければならず、埃も舞うので面倒だと感じていた。ストレスがかなり軽減されるので、かなり良い機能だと言えるだろう。

>>amazonで製品を見る<<

スマホアプリとの連動も

また、Wi-Fi 設定を行い「DEEBOT R98」とスマホアプリを連動させることで、ロボット掃除機の清掃範囲の設定なども行えるという。

お部屋の間取り確認・お掃除範囲の設定・バーチャルボーダーの設定・お掃除タイマーの設定・清掃モードの設定など、多種多様な設定ができる。

清掃範囲メモリーで清掃場所を記憶

また、お部屋の形状を自動でマッピングできる「清掃範囲メモリー」も搭載。これにより、スマホアプリで部屋の間取りを確認し、ロボットが自動で部屋の間取りをアプリ上に作ってくれる。

無駄なく、好きな範囲を掃除できる機種は、現在販売されているロボット掃除機の中でも少なく、かなり高性能な機能だ。

DEEBOT R98 製品仕様

型番:DR98
カラー:チタンブラック(QG)
ロボット定格電力:50w
ロボットバッテリー容量:2850 mAh
ロボットダストボックス容量:400 mL
ロボット最長稼働時間:約90 分
ロボット重量:3.7kg
ロボット寸法:354×354×102 mm
ロボット乗越え可能段差:1.8cm
ハンディ定格電力:130w
ハンディバッテリー容量:2000 mAh
ハンディダストボックス容量:450mL
ハンディ最長稼働時間:約13 分
ハンディ重量:1.3kg
ハンディ組立寸法:1150×115×223mm
JANコード:4589914860758
希望小売価格:オープン(市場想定売価:83,000円(税抜)) 発売日:2017年6月16日

最終更新日:2017/12/04