キャンプ用テントマット3タイプ比較!おすすめはインフレーターマット!

テントマット

キャンプの際、睡眠時に欠かせないのがテントマット。テントマットには、インフレーターマットやエアマットなど3タイプがあり、それぞれ特徴が違います。今回は4タイプの違いや選び方、おすすめ製品をご紹介!

テントマットの種類

テントマットは、寝袋(シュラフ)の下に敷いて寝心地を良くする役割はもちろん、地面からの冷気を吸収し、断熱・保温する効果もある。

断熱性能は”R値(熱抵抗値)”と言い、数値が大きくなるほど断熱効果が高い。

さて、おすすめの製品をご紹介する前に、

  • 銀マット
  • ウレタンマット
  • インフレーターマット(エアマット)

上記、3タイプの比較をしてみたいと思う。

また、上記とは別にフロア全体に敷くマットとして、レジャーシートタイプも製品もご紹介する。

テントマット3種類比較表

比較 ウレタン インフレ
価格
寝心地
収納性
断熱性
厚み 薄い 中程度 厚い

テントマットは発泡式とエア注入式に分かれており、銀マットとウレタンマットが発泡式、インフレーターマットがエア注入式。

基本的にエア注入式の方が厚いので、寝心地がよく、断熱性も高い。

おすすめは完璧なインフレーターマット

インフレーターマットとは、栓を開けると自動的に空気が入るマットのこと。

  • 2cm-10cmまでの厚みが選べる
  • 断熱性があり秋冬にも使える
  • 収納もコンパクト

上記のようなメリットがあり、テントマットの中でも、一番優れているタイプだと言える。

テントマットに投資するとは、個人的にはおすすの考え方。就寝時以外の居住性が上がるのはもちろん、寝袋を多少薄めにしても、寝心地が十分良いからだ。

発泡式をおすすめしない理由

発泡式テントマットは、安価な価格が魅力だが、断熱性能が低い・厚みがないというデメリットだけでなく、

  • 数回の使用でヘタれる
  • 耐久性が低い
  • 薄いので凹凸に弱い

このようなデメリットもある。”使い捨て”と割り切るなら良いが、長年に渡り使用したいのであれば、正直おすすめできない。

おすすめテントマット【インフレーターマット】

コスパ抜群の定番ブランドコールマン(Coleman)

コールマン(Coleman)キャンパーインフレーターマットシングル

▼売れ筋No.1▼

Coleman
コールマン
インフレーターマット
195×63×4/1.6kg
出典:www.amazon.co.jp

厚さ4cmでクッション性と断熱性抜群の売れ筋インフレーターマット。マット同士を連結できたり、幅も63cmあるのでゆったり寝れる。

実際にホームセンターで高級ブランドと比較検討し、試してから購入する人も多いほど、品質には定評がある。迷ったらこちらがおすすめ。

 

▼二人用はお買い得▼

Coleman
コールマン
インフレーターマット
195×130×4/3.5kg
出典:www.amazon.co.jp

前述のテントマットの二人用ダブルタイプ。一人換算で5000円程度。ファミリーであれば、横にして3~4人寝れるという口コミも。

 

▼厚さ2cmのダブル▼

Coleman
コールマン
インフレーターマット
195×129×2/1.8kg
出典:www.amazon.co.jp

寝袋が結構厚め、重量やコンパクトさも譲れない、という人は2cmタイプでも良いだろう。一人換算だと3500円程度なので、コスパも良い。

デザイン性抜群のDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) アウトドア インフレータブル キャンピングマット CM1-63

▼おしゃれで軽量▼

DOPPELGANGER
ドッペルギャンガー
インフレーターマット
180×50×2.5/830g
出典:www.amazon.co.jp

厚さ2cm程度の、おしゃれなデザインが光るインフレーターマット。防水性能の耐水圧も1200mmあり、何よりかなり軽量。デザインと軽さで選ぶ人におすすめ。

厚さ重視ならFIELDOOR(フィールドア)かLOGOS(ロゴス)

FIELDOOR ト 5cm厚 Sサイズ 自動膨張マットレス 連結可能

▼厚さ5cm▼

FIELDOOR
フィールドア
インフレーターマット
200×63×5/1.7kg
出典:www.amazon.co.jp

車中泊やアウトドアに重宝する、厚さ5cmのテントマット。空気口径24mmの大型バルブを使用しているので、空気の出入りもスムーズ。

▼厚さ10cm▼

FIELDOOR
フィールドア
インフレーターマット
195×60×10/2.8kg
出典:www.amazon.co.jp

なんとフィールドアには厚さ10cmのタイプもある。あまり値段も変わらないので、腰痛持ちだったり、寝袋が薄めで”とにかく厚さ重視”という人におすすめ。エア抜きも問題なくできる。

ロゴス マット (超厚)セルフインフレートマット

▼厚さ5cm▼

ロゴス
LOGOS
セルフインフレートマット
65×190×5/1.8kg
出典:www.amazon.co.jp

安心の日本メーカー、ロゴスの厚さ5cmのテントマット。

おすすめテントマット【ウレタンマット】

売れ筋はキャプテンスタッグ

キャプテンスタッグ キャンプマット レジャーシート EVA フォーム

キャプテンスタッグ
CAPTAIN STAG
キャンプマット
56×182×2cm
出典:www.amazon.co.jp

発泡ポリエチレン・EVA樹脂を使用したマット。270gとかなり軽量なのでツーリングや、登山用テントソロキャンプテントと一緒にリュックに入れてもOK。

[リベルタ]LIBERTA 寝転び レジャーマット キャンピングマット キャンプマット

リベルタ
LIBERTA
キャンピングマット
190cm×57cm
出典:www.amazon.co.jp

EVA素材でできているキャンプマット。表面が波形で、凹部に暖かい空気の層ができ、保温性を高めている。発泡式はどうしてもヘタレやすいので、使い捨てと割り切る方におすすめ。肩がけの収納袋も付属。

おすすめテントマット【銀マット】

銀マットはキャプテンスタッグ一択でよし!

キャプテンスタッグ キャンプ用マット 【Sサイズ】 キャンピングマット180×60cmブルー M-7381

キャプテンスタッグ
CAPTAIN STAG
キャンプ用マット
180×60cm
出典:www.amazon.co.jp

銀マットは、”敷かないよりはマシ”程度に思っておくと良いだろう。断熱性も最低限。寝袋がマミー型だったり、封筒型の厚手タイプであれば、凌げるかもしれない。

しかしながら、予算の関係上お金はかけられない、という人は是非準備しておくべきだろう。あるのとないのでは、全然違う。

おすすめテントマット【レジャーシート】

コールマン レジャーシート

コールマン
Coleman
レジャーシート
200×170cm
出典:www.amazon.co.jp

寝袋と一緒に使用しない普段使いや、薄いテントマットとの併用にもおすすめなのが、レジャーシートタイプのテントマット。

表地は肌触りの良い起毛素材で出来ており、快適な座り心地を実現。ペグで固定できるコーナーループ付きだ。

キャンプ/登山関連最新ニュース

まとめ&選び方のコツ

いかがだっただろうか。

テントマットも、徒歩で持ちあるくような登山・トレッキングなのか、車やバイクや自転車で持ち運べるオートキャンプやツーリングなのかによって、最適なテントマットも変わってくる。

もし徒歩で持ち運ぶなら、コンパクトかつ軽量なマットを選ぶと良いだろう。

最終更新日:2018/09/25