2018最新モデル|音質重視のおすすめ完全ワイヤレスイヤホン特集

左右分離型イヤホンはケーブル類が一切なく、Bluetoothイヤホンの中でも特にコンパクトで便利。最近では音質の良いものも多いので、通勤や通学にはおすすめです!そこで今回は左右分離型のBluetoothイヤホンの選び方やおすすめ製品をご紹介します!

左右分離型イヤホン最新ニュース

左右分離型Bluetoothイヤホンの選び方

左右分離型イヤホンは完全ワイヤレスイヤホンとも言い、ケーブル類が一切なく非常にコンパクトにおさまっているが、製品によって音質はもちろんバッテリーの持ちや便利な機能は違う。Bluetooth規格もものによって違うのでしっかりと確認しておこう。

バッテリー

左右分離型イヤホンはその小ささからバッテリーの大きなケーブル付きのBluetoothイヤホンと比べるとバッテリーのもちが悪い。

そのかわりに、専用のイヤホンケースがついており、このイヤホンケースに収めるだけでイヤホンを充電できる。つまり左右分離型イヤホンはイヤホンとケースの両方にバッテリーが搭載されているのだ。

ハイエンドモデルのイヤホンはたいていバッテリー駆動時間も長いので安心だが、一応どれだけのバッテリーかは確認しておこう。

連続再生時間

バッテリー容量とも関わるのが連続再生時間。

本体価格が高価になればなるほど、バッテリー容量が増え、連続再生時間も伸びる。

ライトユースの目安としては、イヤホンだけで連続3時間以上再生できる機種がおすすめ。

Bluetooth規格

Bluetooth規格は4.0や4.1、4.2、5.0などいろいろある。バージョンが良いものほど高性能で通信速度も早くなっているが、基本的には4.0以上あれば安心。

それ4.0未満のバージョンはバッテリーの消費が著しく、小型の左右分離型イヤホンにとっては致命的。

防水性能

IPX4程度なら汗くらい、IPX5以上なら更に安心だが、基本的に水没させてもOKなワイヤレスイヤホンは少ないので、過信はしない事。

雨はもちろんのこと、ランニングで使用したいなら汗でびっしょり濡れてしまう可能性があるので防水のイヤホンのほうが良い。

詳細については後述しているのでご参考いただきたい。

ノイズキャンセリングに注意

ノイズキャンセリングは外部の音を遮断し、音楽に集中できるという意味では素晴らしい機能だが、ランニングや通学、通勤においては危機察知の意味で危うい。

最近のイヤホンは、周囲の音をききとりつつ音楽もしっかり聞こえるものや、必要な音だけしっかりきこえるような製品も多いので考慮しておこう。

おすすめの左右分離型Bluetoothイヤホンランキング

1位 Jabra(ジャブラ) Elite 65t

Jabra
ジャブラ
Elite 65t
完全ワイヤレスイヤホン
出典:www.amazon.co.jp

Bluetooth規格は5.0で高音質。SiriやOKGoogleなどの音声コマンドも使え、防水(IPX5)という素晴らしきイヤホン。

デザイン性も高くファッショナブルで人気が高い。(イヤホンといえば黒い製品が多い中、柔らかい北方風のデザインとなっている。)

通話機能も秀逸で非常にクリアな通話ができるので、非常にまとまった左右分離型イヤホン(完全ワイヤレスイヤホン)。

2位 SONY(ソニー) Xperia Ear Duo

SONY
ソニー
Xperia Ear Duo
完全ワイヤレスイヤホン
出典:www.amazon.co.jp

高音質な音楽をききながら、周囲の音もしっかり聞こえるので安心。ヘッドジェスチャー(首を振る動作)や音声コマンドで操作できるし、タッチパッドでスマートフォンを操作することも出来る。ソニーらしいアイディアが詰め込まれた一品。

3位 B&O Play Beoplay E8

B&O Play
Beoplay E8
完全ワイヤレスイヤホン
出典:www.amazon.co.jp

高音質でおしゃれな高級品というイメージが強いB&O社が手がけるイヤホン。耳にフィットしやすくつけ心地が良いと評判で、B&Oらしいバランスの取れた表現力が魅力。

どんな耳でもフィットしやすいという評価が多く、筆者も実際に付けててみたが確かにジャストフィットした。

4位 Anker(アンカー) Zolo Liberty+

アンカー
Zolo Liberty+
Bluetooth 5.0 完全ワイヤレスイヤホン
出典:www.amazon.co.jp

スマートフォンやタブレットの周辺機器を他数生産しているAnkerのBluetooth5.0イヤホン。高音質で通話も可能、簡単な操作もボタン操作で出来る。

元はクラウドファウンディングで人気を集めた製品で、ユーザー満足度が高い。

5位 ERATO(エラート) Verse

ERATO
エラート
Verse
完全ワイヤレスイヤホン
出典:www.amazon.co.jp

低音域、中音域、高音域とバランスの良いイヤホン。特に低音の表現力が高く、クラブミュージックなどが好きな方におすすめしたい。

左右分離型イヤホン選び詳細

防水機能についての詳細

汗や水しぶきに耐える→IPX4以上のもの
完全に水に浸かる可能性のある→IPX8準拠

保護等級 内容
IPX0 特に保護がされていない
IPX1 鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
IPX2 鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
IPX3 鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
IPX4 あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
IPX5 あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
IPX6 あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
IPX7 一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
IPX8 継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

Bluetoothのコーデック

親機であるPCやスマホから、子機であるイヤホンへBluetoothでデータを転送する際、データの圧縮が行われている。

その圧縮方式をコーデックと呼び、コーデックによって圧縮率・遅延時間が異なり、標準のSBCは圧縮率も高く音質が悪い。

どんなに子機側で高音質コーデックに対応していても、親機側が準拠していなければ使用できないので、しっかりと親機のスペックも再確認しよう。

最近はapt-X HDというハイレゾ相当音質のコーデック対応機器が増えている。できるだけ高音質のものを選ぼう。(apt-X HDは大衆向けDAP・スマホでは普及率が低い)

コーデック 内容
AAC iTunesでお馴染みの高音質圧縮方式。Apple社製品は勿論全て対応している。Apple以外でも対応している機器は多い。
apt-X CD音源に近い音質での転送が可能なコーデック。英CSR社開発。
apt-X HD apt-Xのハイレゾ対応版。英CSRが新開発。対応機器が増えつつある。
LDAC 96kHz/24bitのハイレゾ音源対応。ソニーが開発し、ソニー機器同士限定の規格。
SBC Bluetoothの規格上で必須項目なので、全ての機器に対応しているが、圧縮率が高く音質は悪い。

AirPodsと左右分離型イヤホンの違い

AirPodsはApple製品との相性が抜群に良いし音質も良い。そもそも左右分離型イヤホン(完全ワイヤレスイヤホン)の火付け役がAirPodsなわけだが、それに続いて各社メーカーがさらなる高音質をもつ高級品や、逆に安価なモデルを生産している。

そのため上記ランキングの上位3機種は、筆者が(個人的に)AirPodsより良い音だなとおもうものを選んでいる。その分高価な製品も多いので、どうせ買うなら高音質のものが良いという方におすすめしたい。

4位のZolo Liberty+と5位のVerseはAirPodsと似たような価格帯だが、APPLE製品というブランド性がないかわりに音質がよい。(なのでAirPodsからの劇的な買い替えを求めているなら上位3機種がおすすめ。)

 

最終更新日:2018/09/03