【1~2万円】初心者におすすめバスロッド7選[ベイト/スピニング別]

バスロッド

今回は、【1~2万円】と手を出しやすく、初心者向けの汎用性が高く万能なバスロッドを【ベイトロッド】【スピニングロッド】別に厳選してご紹介。また、バスロッドの選び方を詳しく解説していきます。

釣り関連最新ニュース

【ベイトロッド】おすすめバスロッド

【はじめに】ベイトロッドの特徴

ベイトロッドは、単純構造で収納性や携行性が高い。その分糸巻き量が多いのも特徴。構造上、縦に巻き上げるため糸がヨレず、パワーロスががないのも嬉しい。

また、サミング(ラインの放出量を調節すること)しやすく、無音着水ができピンポイントを狙いやすく、初心者にもおすすめだ。

コスパ最高、アブガルシア(Abu Garcia)

アブガルシア(Abu Garcia) バスロッド ベイト ホーネットスティンガープラス HSPC-722H MGS

出典:www.amazon.co.jp
Abu Garcia
アブガルシア
ホーネットスティンガープラス
HSPC-722H MGS

ブランクスにはナノカーボン素材を採用し「軽くて、強くて、折れにくく、感度も良いロッド」に仕上がっている人気のスピニングロッド。

同社のワールドモンスターシリーズ(amazon詳細ページへ飛ぶ)と比較検討されることも多いが、性能に大きな違いはなくこちらの方が軽いので、初心者向けにはこちらがおすすめ。)

アブガルシア HSPC-722H MGS スペック

  • 継数:2
  • 全長(ft/cm):7’2″ / 218.4
  • 仕舞(cm):112.5
  • 標準自重(g):153

迷ったら、SHIMANO(シマノ)

シマノ ロッド バスワンR ベイト 166M-2

出典:www.amazon.co.jp
SHIMANO
シマノ
バスワンR
166M-2

2ピースモデルの実力派入門ロッドとして人気の[バスワンR]。上級者のサブロッドとしても愛用される性能を兼ね備えている。低価格帯の中ではかなり実力派のロッドだと言える。

感度・剛性両面で優れており、かなりコストパフォーマンスが良い。

シマノ ロッド ゾディアス 170M-G

出典:www.amazon.co.jp
SHIMANO
シマノ
ゾディアス
170M-G

シマノからはもう一本ご紹介。陸っぱりで飛距離を出したいひとにおすすめのロッド。力を入れずにキャストするだけで飛距離が出るので初心者にも最適。

幅広く使える。Major Craft(メジャークラフト)

メジャークラフト ベイトロッド BASS PARA 1ピースモデル BPC-66M

出典:www.amazon.co.jp
Major Craft
メジャークラフト
バスパラ
BPC-66M

低価格帯ながら、プラグからワームまで、あらゆるシーンで役に立つオールマイティーなモデル。入門者の最初の一本としてコスパが高い機種だと言えよう。

軽快なキャスト性能や繊細な高感度、ビックバスにも負けないパワー、豊富なラインナップ等どれをとっても本格派バサーも納得のクオリティーだ。

メジャークラフト BPC-66M スペック

  • 日本製カーボン使用
  • ライン:10-16LB
  • ルアー:1/4-3/4g
  • アクション:レギュラーファースト

【スピニングロッド】おすすめバスロッド

【はじめに】スピニングロッドの特徴

スピニングロッドは、ガイド(持ちて部分の突起)が大きく、スピニングリールを使用するとライン抵抗が抑えられ飛距離が伸びるのが特徴。

ベイトロッドと比べて軽くて繊細なルアーを扱う。

人気No.1のSHIMANO(シマノ)

シマノ ロッド バスワンR スピニング 263ML-2

出典:www.amazon.co.jp
SHIMANO
シマノ
バスワンR
263ML-2

陸っぱりでの初心者向けバスロッドとして人気の機種。シマノは低価格帯のロッドであっても耐久性や基本性能は十分なので、最初の1本としてもおすすめ。

ブランク素材には優れた弾性を有する高密度HVFカーボンを採用。ワンピースモデルはブランクスルー完全ワンピース構造にすることで高い感度も兼備。キャスト・操作・フッキング等、実釣時のあらゆる動きをダイナミックにこなす。

シマノ 263ML-2 スペック

  • 全長(m):1.98
  • 継数(本):2
  • 仕舞寸法(cm):103
  • 自重(g):90
  • 先径/元径(mm):1.6/9.4
  • ルアー重量(g):1.8-7

4ピースで持ち運び安い、アブガルシア(Abu Garcia)

アブガルシア(Abu Garcia) バスロッド スピニング ホーネットスティンガープラス HSPS-664L MGS

出典:www.amazon.co.jp
Abu Garcia
アブガルシア
ホーネットスティンガープラス
HSPS-664L MGS

ブランクスにはナノカーボン素材を採用し「軽くて、強くて、折れにくく、感度も良いロッド」に仕上がっている人気のスピニングロッド。

1万円前後の価格帯ながら、「マイクロガイドシステム」や「X-ラッピングカーボン」といったハイスペック機能も搭載。ワーム系だけでなくライトからミディアムプラグの巻き物系まで幅広く使用できる、オールラウンドモデルだ。

アブガルシア HSPS-664L MGS スペック

  • 継数:4
  • 全長(ft/cm):6’6 / 198.0
  • 仕舞(cm):52.9
  • 先径(mm)/元径(mm):1.35/8.3
  • 標準自重(g):102

Major Craft(メジャークラフト)

メジャークラフト スピニングロッド バスパラ BPS-702ML

出典:www.amazon.co.jp
Major Craft
メジャークラフト
バスパラ
BPS-702ML

ワーム(ソフト)の釣りとプラグ(ハード)の釣り、両方に対応するマルチスピニングモデル。竿に粘りがあり、大魚でも折れない耐久性も嬉しい。

遠投性能に優れたレングスと、デカバスのファイトを制するパワーが特徴で、バスや海のライトゲームにおいても大活躍の一本だ。

メジャークラフト BPS-702ML スペック

  • ライン:5~10LB
  • ルアー:1/8-3/8oz
  • アクション:F
  • グリップ素材:コルク&EVA

バスロッドの選び方

バスロッドの素材

使い勝手や使用中の疲れに影響してくるのがロッドの素材。

ご紹介したバスロッドは、軽量で感度も良いカーボン製がほとんどだが、重い分粘りがあるグラス製もある。初心者であれば一般的なカーボン製で問題ないだろう。

バスロッドの長さ

バスロッドは6~7ftのサイズ展開が多いが、オールウラウンドモデルはそのサイズが前後する場合もある。飛行距離が必要な陸っパリのバス釣りの場合は7ft前後を選ぼう。

バスロッドの硬さ(ハリ)

バスロッドは硬いタイプと柔らかいタイプがある。柔らかければ、折れにくくタメがききやすく、硬ければ重いルアーを使えるが折れやすくなる。また、アクションさせやすいが遠くに飛ばしにくい。

バスロッドの硬さは、初心者はオールマイティーなモデルがおすすめ。逆に、間違っても硬いモデルを選ばないことをおすすめする。初心者は竿を折ってしまうことが多々あるからだ。

クラス 対応エギ
ミディアムライト 2.0〜3.5号(6〜20g)
ライト 2.5〜4.0号(10〜25g)
ミディアムヘビー 3.0〜4.5号(15〜33g)

バスロッドのパーツについて

バスロッドは、

  • ガイドリング(ラインとロッドを繋ぐ最も重要なパーツ)
  • ブランクス(ロッド本体)
  • グリップエンド(持ち手)

など需要なパーツで構成されている。

ガイドリングは、摩擦がなくラインを傷つけにくい構造であることがポイント。ロッドは、ファーストテーパー(先調子)とレギュラーテーパー(胴調子)に分かれている。

バス釣りでは、ライトリグやジグ打ちなど”感度”が物を言うことが多くファーストテーパーが採用されていることが多い。

他の魚用ロッド関連記事

最終更新日:2018/09/25