4K対応プロジェクターは実際どれ位綺麗なの?選び方とおすすめ機種

プロジェクター

4Kと言えば、テレビを想像する方も多いでしょう。しかし近年プロジェクターの進化により、4K対応のプロジェクターも続々と出てきています。今回は4Kプロジェクターの選び方や価格帯、ソニーなどおすすめのメーカーをご紹介します。

プロジェクター最新ニュース

4K対応プロジェクターは、正直めちゃめちゃ綺麗。

4k

画像引用元:blog-imgs-68.fc2.com

横=水平画素数が3840=約4000ということで、1000=1K (キロ)から4Kと呼ばれている。従来のフルハイビジョン画質の4倍を誇る、超高画質の規格なのだ。

実際に使用してみると、その映像の緻密さに驚く。下記に画像を載せたが、コントラスト奥行きが写真からも表現されているだろう。

4kプロジェクター

画像引用元:ivedoor.blogimg.jp

おすすめ4K対応プロジェクター

低価格帯売れ筋本格派モデル。EPSON dreamio ホームプロジェクター

出典:www.amazon.co.jp
EPSON
エプソン
dreamio ホームプロジェクター
4K/HDR/3D対応 EH-TW8300

dreamioは、明るさ・使いやすさ・画質ともに業界トップレベルを誇る。4Kプロジェクターでは低価格帯にあたるが、その実力は折り紙付き。

3D映像にも対応しており、奥行き表現も卓越したもの。また、ワイヤレス接続もできる。ビーム・ステアリングにより電波障害や画質を懸念もない。

とりあえずこれを買っておけば間違いない、といえる製品だ。

HDR対応の高画質映像
明るさ2500lm、コントラスト100万:1
広範囲のレンズシフトによる優れた設置性
6畳間(3.6m×2.7m)程度のスペースでも、80型や100型の大画面投写が可能
エプソン独自の「Bright 3D Drive」搭載で、明るい3D映像が楽しめる
20dBの静音性を実現

調整不要で濃厚出力が可能。JVC 4K対応・3Dホームシアタープロジェクター

出典:www.amazon.co.jp
JVCケンウッド
ホームシアタープロジェクター
D-ILA DLA-X550R-B

50万円以下の価格帯の中では、コントラスト比が光る一品。

もちろん明るい場所での視聴も可能良いプロジェクターには調整が必須だが、このプロジェクターはそれを自動でこなしてしまう。キャリブレーション(モニターの色温度・輝度の調整)なしでも長期間大丈夫だ。

映像のノイズ感も無く、極めてバランスが良くコストパフォマンスに優れている作品だ。

フルスペック4K映像入力を可能にする最新HDMI規格とHDR(ハイダイナミックレンジ)コンテンツに対応した4K対応D-ILAプロジェクターです。

エプソン ホームシアタープロジェクター

出典:www.amazon.co.jp
EPSON
エプソン
ホームシアタープロジェクター
EH-LS10000

画質はDVDでもブルーレイでも綺麗に投影できるが特に4Kへアップスケーリングして見る映像には息を呑むほどだ。

発色・コントラストが綺麗で画面の奥まではっきり映る。また、プロジェクターの起動も速く、電源を入れてから画質が安定するまで待つ時間が無く、ストレスフリー。

第刑補正機能もあるが、画質を維持するためには使用しないほうが無難だろう。

安心のSONY品質。4K対応ビデオプロジェクター

出典:www.amazon.co.jp
SONY
ソニー
4K対応ビデオプロジェクター
VPL-VW1100ES

少し高価だが、はやりソニー品質だ。

4K対応プロジェクター、どう選ぶ?

パネルで選ぶ。各社独自のパネルが満載!

パネルとは、プロジェクターの光がでる部分で、一般的に3つの種類がある。

  1. 液晶パネル

    3つの液晶パネルに、三原色の赤・緑・青色をを当て、パネルを透過する映像を投射するという仕組み。安価なプロジェクターによく使用されており、画質・解像度ともに良くない。

  2. DLPパネル

    マイクロミラー反射型パネル(DMD)というものに当たった光を反射させて、映像投射する仕組み。小型~大型関係なく幅広く使用されている。コントラスト比が高く、画質も良い。そして、小型化が可能という特徴がある。

  3. LCOSパネル

    LCOSパネルは、反射型という面ではDLPと似ているが、液晶パネルを使用してる。映画鑑賞などのホームプロジェクターによく使用され、輝度が高く、高画質なのが特徴。本体は大きめ。価格は高い。

3つご紹介したが、多くの場合、各社独自のパネルが使用されている。

例えばJVCやエプソンだと、フルHD(1920×1080画素)を持つ反射型の液晶機器に、画素を斜めに4分の1ずらす素子を組み合わせ、4K相当(3840×2160)の解像度にしている。この方式のデメリットは、3D映像が見れないということだ。パネルの特性をしっかり把握して選ぼう。

輝度(ルーメン)とコントラストで選ぶ

4Kプロジェクターのルーメン数は1500~3000lm以上と輝度は様々。正直言うと、ルーメンが高いほど良いとも限らない。

4Kプロジェクターともなれば、高価格帯が多く、大概良いパネルを使用している。製品がもつ輝度を引き出す工夫が何より大切になってくる。具体的には

  • ブラックマスクスクリーンを使う
  • 部屋を暗くする
  • 適切な投射距離を取る
  • 電波障害を避ける

などの対策が考えられる。中でもスクリーンやスクリーン周りが白だと、コントラストがつきにくく、壁に吸収されてしまう。その結果10分の1程度(50000対1のコントラストが5000対1)の実力しか出せないこともあるので、注意が必要。

4kプロジェクター

画像引用元:gizmodo.jp

設置のしやすさで選ぶ

プロジェクター選びにおいて、スクリーンからどの位置に本体を設置するのか、設置のしやすさも大変重要となってくる。

例えば、

  • 「ズーム」機能:投影サイズを変更
  • 「レンズシフト」機能:位置の調整
  • 「フォーカス」機能:焦点を自動調整

このような機能がある。

部屋の構造上、どうしても投影距離が取れないひとは、4K相当の高画質を実現する「短焦点プロジェクター」を選択するのも有りだろう。超短焦点プロジェクターなら、スクリーンから数十メートルの距離に本体を置くだけで投影できたりもする。

参考・本当に壁に映る?超短焦点プロジェクターの良いとこ悪いとこ&製品比較

接続方法で選ぶ

一般的なプロジェクター装備されているのはHDMI端子だが、4Kの著作権保護コンテンツを見たい場合には、HDMI入力の中でも「HDCP2.2」対応の機種を選ぶ必要がある。

今現在はそんなに普及はしておらず、ブルーレイや地上波放送を見る分にはあまり考えなくても良い。しかし、今後放送業界や機器メーカーの連携により普及してくるので、頭に入れておいて良いだろう。

価格で選ぶ

正直今現在発売されている4Kプロジェクターは、30万円半ばから、高額なものだと、数百万円するものもある。

4K対応というだけで、ある程度の品質は保証されているに等しいので、低価格帯のものでも割と安心して買って良いだろう。

数十万も払えないという方は、フルHD対応の機種の中でも4K投影可能なものもあるので、そちらもチェックして欲しい。

まとめ

いかがだっただろうか。価格が下でも35万円~と結構高価だ。しかしハイビジョンと比べると格段に画質が向上しているので、映像に拘る方にはおすすめだ。

最終更新日:2018/10/11