あおり運転対策!セルスターの2カメラタイプドラレコ「CSD-790FHG」

CELLSTARから車体の前方・後方に取り付けができ、2カメラで同時録画できるドライブレコーダー「CSD-790FHG」が発売されました。問題になっている危険なあおり運転に対して、カメラを設置することで抑止につながります。ドライバーに嬉しい「GPSおしらせ機能」を搭載したレコーダーの特徴を紹介します。

ドライブレコーダー「CSD-790FHG」の特徴

セルスター
CELLSTAR
「CSD-790FHG」
2カメラタイプドライブレコーダー
出典:www.amazon.co.jp

前後同時録画ができる

車体の前後を録画できるのはもちろん、別体カメラを後方左右ガラスへの取り付けできる。本体カメラとの組み合わせで、前方と車体右側・前方と車体左側などの録画が可能だ。画面表示は4画面から選択でき、本体カメラ・別体カメラの見え方を自分好みで確認できるのである。

危険な場所を事前に察知!

6種76基の衛星を用いた超速GPSを採用し、実際に走行している場所・走行速度の記録できるのだ。「GPSおしらせ機能」により、事故多発エリアなどに近づくと警告音・画面表示でおしらせしてくれる。「MyCellstar」アプリから毎月データを更新できるので、最新の情報を確認できて安心なのである。

安心の高画質録画

SONY Exmor R CMOSセンサーを本体カメラに搭載し、夜間やトンネル内などの暗いシーンでもノイズの少ないクリアな映像を残せるのだ。HDRなので、急な明暗の変化による白トビに対応する。地上デジタルテレビとの電波干渉も起こりにくく設計されており、いつでも高い画質での録画が可能である。

「交通事故報告書」を書き出すことも

専用ビューアが付属しており、速度や時間ごとの記録をファイルで確認できる。液晶は2.4インチのタッチパネルなので操作がしやすいのだ。

最終更新日:2018/07/04