いつでも快適!東芝のブルーレイレコーダー「レグザタイムシフトマシン」

東芝映像ソリューションは6月下旬、まるごと録画に対応したブルーレイレコーダー「レグザタイムシフトマシン」を発売します。ハードディスク容量4TBの「DBR-M4008」、2TBの「DBR-M2008」の2モデルです。録画予約が簡単で、録り逃しを防ぐ快適なブルーレイレコーダーの特徴を紹介します。

タイムシフトマシン「DBR-M4008/2008」の特徴

東芝
タイムシフトマシン「DBR-M4008/2008」
ブルーレイレコーダー
出典:www.amazon.co.jp

スマホと連携できる

専用アプリを使うことで、スマホで録画予約・検索ができるのだ。録画した番組をスマホに持ち出して、外出先でも再生が可能。ネットに繋がないので、電波環境が悪くても快適に番組を楽しめるのである。

面倒な番組整理がいらない

見終わった番組を削除・番組表から1つずつ録画予約をしなくても、設定をしておけば、自動で削除・録画をしてくれるのだ。不要な時間を短縮でき、より番組を楽しめる。

空いた時間で時短再生!

隙間時間に、ちょこと観たい時など都合に合わせて通常再生・らく見・らく早見・飛ばし見の4コースで再生できるのだ。短時間で観たい番組をストレスなく、観られるのが嬉しい。

同時にいろんな作業ができる

専用エンジン「R-2」が搭載され、マルチタスクでの作業が可能だ。3番組録画・ダビング中でもディスクの再生や編集作業ができる。番組配信中に、ブルーレイディスク再生ができ、いつでも好きな時に好きな作業ができるのだ。

コンパクトなボディ

430×59×219mmのコンパクトさで、薄型のラックでも場所を取らずに収納できる。使いやすさはその大きさ以上だ。容量が足りないと感じたら、USBハードディスクを外付けできるので十分な録画が可能だ。

最終更新日:2018/06/15