可愛いのに使える!スノーピークの計量スプーン「ハカルテ」

数多くのキャンプ用品を手掛けている*Snow Peakから、計量スプーン「ハカルテ」が新発売です。ユーザー目線に立って考えられており、どんなものが必要とされているのか・どんなものだと便利なのかが追及された1品です。小柄で可愛いフォルムでありながら、機能性も充実した「ハカルテ」の特徴を紹介します。

*Snow Peakの計量スプーン「ハカルテ」の特徴

snow peak
スノーピーク
ハカルテCS-372
計量スプーン
出典:www.amazon.co.jp

パスタの計量ができる!

持ち手にある穴は、引っ掛けるためだけのものではない。なんと、パスタの計量ができるのだ。この穴に太さ約1.6mmのパスタであれば、スムーズに通せる量が1人前である。1人前は100gで設定してある。茹でると重量が増すので、小食の方は少し少なくすると丁度いいだろう。

振るだけでコーヒーの計量

レギュラーコーヒーの粉を、「ハカルテ」で擦り切り1杯(30ml)が、コーヒー1杯分に必要な約10gなのだ。好みにもよるが、本体を振るだけで簡単に計量ができる。疲れた体にストレスのない使い心地が嬉しいスプーンだ。

小刻みな計量スタイル

「ハカルテ」で計量できるのは、2.5ml・5ml・10ml・15ml・20ml・30mlの6つの容量。小さじ1相当の5ml、大さじ1相当の15mlがあり、全体では小さじ0.5~大さじ2まで計れるのだ。1本のスプーンだけで、調理から休憩中のコーヒーまで、正確な計量が可能となっているのである。

液体も粉末も簡単計量!

本体を傾けることで、不必要な分をスプーンの先から流せるのだ。計量ラインがしっかりと刻まれ、読みやすい。粉物であれば、スプーンが滑らかで深い作りになっているので、傾けるだけでなめらかに滑り落ちるのだ。もちろん、固形物はスプーンの柄などを用いて、表面を平らにすることが必要である。

最終更新日:2018/06/11