バーミキュラに3合炊きの”ライスポット ミニ”が新登場!一人暮らしにおすすめ

ライスポット ミニ

2018年3月16日より、愛知ドビーは、炊飯器「バーミキュラ ライスポット」のミニサイズモデル「ライスポット ミニ(3合炊き)」を発売します!万能調理器として人気の機種。一人暮らしや二人暮らしにおすすめです!

バーミキュラ “ライスポット ミニ”の特徴

ライスポットとは

累計受注台数5万台を突破したバーミキュラ ライスポット。そんな人気のライスポットは、鋳物ホーロー鍋とIH調理器を組み合わせた炊飯器だ。

炊飯器というと米を炊くのがメインだが、無水調理、ロースト、炒め料理/煮物、低温調理、発酵調理、オーブンなどの調理もこなす万能調理器なのだ。

新登場のミニは1~2人用を想定

今まで販売されていたライスポットは、5合炊きタイプで3~4人の家族を想定して作られていたが、今回は1~2人用の小型タイプが新発売された。

従来のライスポットとミニの比較

従来のタイプと今回のミニとの違いだが、鍋部分の直径が23cmから19cmに、容量が3.7Lから2.1Lになっている。

従来とは一回り小さくなり、一人暮らしの狭いキッチンやカウンター、テーブルの上でも場所を取らないコンパクトなデザインとなった。

カラーは3色

ボディカラーは、ソリッドシルバー、トリュフグレー、シーソルトホワイトの3色が展開されている。

本体サイズは258(幅)×173(高さ)×250(奥行)mm。重量は約5kg(お鍋:約2.8kg、調理器部:約2.2kg)となっている。

最終更新日:2018/02/05