今買うならこのスマートウォッチ!MISFIT”Vapor”の実力とは

MISFIT Vapor

Fossil Groupは、同社のブランドMISFITから、心拍センサー付きスマートウォッチ「Vapor(ヴェイパー)」を新発売!今回は、独自UIを採用した期待の新製品の特徴やスペックなどを調査しました。初めてのスマートウォッチにもおすすめです。

スマートウォッチ MISFIT Vaporの特徴

MISFIT
Vapor
MIS7004
出典:www.amazon.co.jp

Vaporの特徴を一言で述べると、「操作感が良い、ライトユースに適したスマートウォッチ」だ。

プライベートや仕事中、シーンを問わずにストレス無く使用するにはもってこいの一品だろう。早速、特徴をご紹介しよう。

機能よりまず独自UIバーチャルベゼルを見て欲しい

MISFIT Vaporの特徴の1つに、独自UIの「バーチャルベゼル」がある。

スマートウォッチの淵をなぞることで、アラームや音楽などの機能切替ができる。これにより、従来の小さいタッチパネルでの操作の煩わしさが軽減され、運動中でも簡単に操作ができるようになった。

本体は高コントラストなAMOLEDディスプレー

本体には、高コントラストなAMOLEDディスプレーが採用されており、夜間でも見やすい。

夕方~夜にかけて、仕事やランニング等で外出する人には特に高、輝度なディスプレイを採用した本スマートウォッチをおすすめしたい。

心拍センサー内蔵/Wi-Fi/Bluetooth/音楽再生機能も搭載

機能面では、他社のスマートウォッチと大差ない。

心拍センサー内蔵で、MISFIT使用中や「Pulse」アプリでの心拍測定が可能。またWi-Fiも搭載しており、Wi-Fiのアクセスポイントに接続することでファイルのダウンロード等が可能となる。

音楽プレイヤー機能と4GBのストレージ、Bluetooth機能も搭載しており、ワイヤレスイヤホンとして使用でき、スポーツをする際に便利だ。

スタイリッシュなデザインと付け替えパーツが充実

画像を見ても分かる通り、文字盤はブラックで文字はホワイトというシンプルなデザイン。

また、4種類のストラップが付け替えパーツとして用意されており、男女シーン問わず使用できるのが嬉しい。

気になる連続使用時間は実質1日強

スマートウォッチを購入する際、検討材料になるのが連続使用時間。

Vaporは、連続使用時間は2日とのスペック表示となっているが、実際には1日程度だと思って良い。ランニングや心拍測定、アプリの使用やダウンロード等、ヘビーユースであれば、ぎりぎり1日持たないかもしれない。

毎日とことん使いたい!という人は、もう少し高価格帯のバッテリー持ちが良い機種を検討すると良いだろう。

MISFIT
Vapor
MIS7004
出典:www.amazon.co.jp

スマートウォッチ MISFIT Vaporの仕様

  • iPhone®とAndroid™ スマートフォンと互換性あり。
  • 2 ステンレススチールのケースは直径44mm、厚さ13.5mm。MISFIT PHASE用のストラップ幅20mmのアクセサリーと互換性があります。
  • 3 丸型1.39インチ(約35mm)
  • AMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)
  • 326ピクセルのタッチスクリーン
  • 4 Qualcomm® Snapdragon Wear™ 2100 プロセッサー
  • 5 4GBストレージ
  • 6 Bluetooth、Wi-Fi
  • 7 加速度センサー、高度計、ジャイロスコープ
  • 8 光学式心拍センサー
  • 9 バーチャルタッチベゼル
  • 10 コネクテッドGPS
  • 11 マイク
  • 13 フル充電で約2日間*連続使用(*使用状況により異なります)
  • 13 付属の磁気充電ケーブルで充電
  • 14 Android Wear™ 2.0搭載
引用元:TOP画像:http://jp.misfit.com/products/vapor/
最終更新日:2018/06/09