キヤノンが11月に超高画質コンデジPowerShot G1 X Mark IIIを新発売!

CANON APS-Cコンデジ「PowerShot G1 X Mark III」

キヤノンは、2017年11月下旬に新製品となる超高画質コンデジPowerShot G1 X Mark IIIを発売します!同社初となる約2420万画素 APS-CサイズCMOSセンサー搭載のハイスペックな機能を調査します!

PowerShot G1 X Mark IIIとは

超高画質の約2420万画素 APS-CサイズCMOSセンサー

CanonのコンデジGシリーズの新製品として今回発売されるのが、キヤノンコンパクトカメラ初「約2420万画素 APS-CサイズCMOSセンサー」を搭載したPowerShot G1 X Mark III。

常用ISO感度は最高25600になり、暗所にも強くなった。

また、デュアルピクセルCMOS AFや最高約9.0コマ/秒1の高速連写、フルハイビジョン60p動画など、他社の高級コンデジと比較してもかなりハイスペックな仕様となっている。

コンデジなのに円形に近い丸ボケの表現もできる

APS-CサイズCMOSセンサーと広角端F2.8の明るさにより、被写界深度の浅く美しいボケ味を実現できるという。

コンデジならではの小型軽量ボディ

ミラーレスや一眼に劣らない高画質であるのにも関わらず携行性が高いのがコンデジ。前作のG1 X Mark IIと比較して約154gの軽量化、厚さは約14.8mmの薄型化を果たしている。

BluetoothやWi-FiやNFCでスマホ連携が可能

今や当たり前の機能となっているが、BluetoothやWi-Fiでスマホアプリとの連携が可能。リモートライブビュー動画/写真撮影やクラウドに画像を転送できる「クラウドシンクロ」ができる。

PowerShot G1 X Mark III仕様

  • カメラ部有効画素数/総画素数 約2,420万画素※/約2,580万画素
  • サイズ・タイプ APS-Cサイズ CMOS
  • 焦点距離[35mmフィルム換算] 15(W)-45mm(T)[24(W)-72mm(T)]
  • 開放F値 F2.8(W)-F5.6(T)
  • 構成枚数 8群9枚(両面非球面レンズ3枚、片面非球面レンズ1枚)
  • 光学ズーム倍率 3倍
  • デジタルズーム倍率 約4.0倍
引用元:TOP画像:http://cweb.canon.jp
最終更新日:2017/12/03